FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マオさん

※このお話を最初から読むには『初調教(その1)』まで。

**************************************************

私はマオさんと初めて逢い調教することになりました。

まず部屋に入ると「断髪式」と称して彼女の恥毛を
キレイに剃り落としました。
そして、ベッドルームへと連れていき、綿紐で後ろ手に縛り
首輪に繋がれたリードを引っ張って彼女をベッドに上げると
うつ伏せの状態で膝を立てさせお尻を突き出させ、力一杯、
平手で彼女の臀部を叩きました。

マオさんは平手で連打を受けると泣き叫びながら許しを乞い、
それでも許されずに打たれ続けると、嗚咽交じりの絶叫を上げ、
過呼吸に陥りました。

私はその様子を見て、彼女の限界と感じたため、
口にビニール袋を宛てて過呼吸を抑えて落ち着かせ、
ゆっくりと綿紐を解いていきました。

そしてしばらく彼女に休養を取らせて落ち着いたところで
次の調教に移ることにしました。

私はベッドでうつ伏せになって脱力しているマオさんに馬乗りになり
両手首を背中の中心で重ね、革手枷で固定しました。

「ううう…」
マオさんはされるがままの状態で抵抗する気力も力もなく、
両手の自由を奪われました。

私は次に電マを取り出すと先端にアタッチメントを装着しました。
そして、スパンキングによる興奮で大量にあふれたメスの粘液を
先端に絡めながら、ゆっくりと彼女の膣内に押し込みました。

「はううっ!くうっ!」
マオさんは閉じられた粘膜を押し広げられる感覚を感じて
身体を仰け反らせて喘ぎ声を上げました。

私は少し窮屈な感覚を感じながらもゆっくりと粘膜をほぐすように
彼女の中へシリコンの突端を押し込んでいきました。
そして、彼女の肉厚の淫唇を押し広げ、淫核用の突起を
剥きだした彼女の肉芽に宛がうように押し付けました。

「ううう…あううう…」
マオさんは初めての感覚に戸惑うような声を上げながら
肩越しに私をジッと見つめました。

私は彼女と目が合うと再び嘲り笑うような口調で…
「お前、快楽責めもやったことあるって言ってたよな」
と言い放ちました。

「ううう…はい…あります…」
マオさんは力なくそう答えました。
「じゃあ、次は快楽責めな…。気持ちよくしてやるから喜べよ」
私は冷徹な口調で馬乗りになってマオさんの動きを封じたまま
電マのスイッチを入れました。

「あうううっ!」
突然襲い掛かってきた振動刺激でマオさんは電気ショックのように
全身をビクッと仰け反らせて反応しました。
が、ガッチリ抑え込まれた身体は抵抗することも出来ませんでした。

私は彼女を抑え込んだまま電マを掴んでグリグリと回転させながら
Gスポットとクリトリスに振動刺激が直撃するように押し当てました。

「あっ!ああっ!いいっ!ああーっ!気持ちいいっ!ああーっ!」
マオさんは脚をバタつかせながら無理やり与えられる快楽に
発狂したような叫び声を上げて暴れました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4207-983bde5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック