FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マオさん

※このお話を最初から読むには『初調教(その1)』まで。

**************************************************

※ユミさんを調教した時の画像を貼っておきますので、、
ポチッとクリックしてFC2ブログランキングUPにご協力下さい!


私はマオさんと初めて逢い調教することになりました。

まず部屋に入ると「断髪式」と称して彼女の恥毛を
キレイに剃り落としました。
そして、ベッドルームへと連れていき、綿紐で後ろ手に縛り
首輪に繋がれたリードを引っ張って彼女をベッドに上げると
うつ伏せの状態で膝を立てさせお尻を突き出させ、力一杯、
平手で彼女の臀部を叩きました。

マオさんは平手で連打を受けると泣き叫びながら許しを乞い、
それでも許されずに打たれ続けると、嗚咽交じりの絶叫を上げ、
過呼吸に陥りました。

私はその様子を見て、彼女の限界と感じたため、
口にビニール袋を宛てて過呼吸を抑えて落ち着かせ、
ゆっくりと綿紐を解いていきました。

そしてしばらく彼女に休養を取らせて落ち着いたところで
次に私はうつ伏せのまま脱力しているマオさんに馬乗りになり
両手を背中で革手枷で拘束し、アタッチメントをつけた電マ
マオさんを快楽責めにして立て続けに絶頂に導きました。


マオさんは繰り返し電マのによる刺激で何度も絶頂を迎えると
力尽きたようにグッタリと脱力して、ハァハァと呼吸しながら
呆然と動かなくなりました。

「なんだよ、もう終わりかよ…口ほどにもねぇな…」
私はそう言いながらマオさんのお尻をピシャリと叩くと
「あううう…申し訳ございません、ご主人様…」
と涙交じりの声で答えました。

「快楽責めはやったことがあるんだろ…」
私が嘲り笑うようにマオさんに言うと…
「はい…でも…こんなに何度も逝ったことはありません…」
と疲れ切った様子で答えました。

「甘えるな。この程度で終わるような調教じゃないんだよ」
私はそう言うと電マのスイッチを強にしてグリグリと
再び押しつけました。

「あーっ!もうダメですっ!ご主人様っ!もう無理ですっ!」
マオさんは泣きながら絶叫を上げて抵抗しました。
が、馬乗りになった私に抑えつけられて身動きできず
苦しそうに呻き続けました。

「ああーっ!もう許して下さいっ!ご主人様、お願いします!」
マオさんは泣きながら必死に許しを乞いました。
「フン、許してくれって言われて許すようならSじゃないんだよ」
私はそう冷酷に言い放つと更に電マのを回転運動させました。

彼女は悲愴な声で許しを乞いながら抵抗し続けましたが、
その態度に反するように、彼女の無毛の泉からは
メス特有の匂いを放つ粘液を溢れ出させていました。

「フフン、イヤだとかダメだとか言いながら嬉しそうに
 マ○コ汁が溢れ出てるぞ。音が聞こえるだろう」
彼女の粘液が電マアタッチメントに大量に絡まると
回転運動と振動に合わせてグチョッ、グチョッという
粘着音が部屋中に響きました。

「ああーっ!いやあっ!もうダメですっ!あああーっ!
 また逝きそうですっ!逝きそうですーっ!」
マオさんは発狂したように叫びながら身体をガクガクと震わせ
全身を仰け反らせて身体を痙攣させました。

「おおーっ!あおぅ!あぐうっ!いぐうっ!」
マオさんは白目をむき口から泡を吹きながら
獣のような雄叫びを上げつつ、本能的な快楽の頂点に向けて
一気に昇り詰めると、力尽きたように崩れ落ちて果てました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4215-0557398d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック