FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マオさん

※このお話を最初から読むには『初調教(その1)』まで。

**************************************************

私はマオさんと初めて逢い調教することになりました。

まず部屋に入ると「断髪式」と称して彼女の恥毛を
キレイに剃り落としました。
そして、ベッドルームへと連れていき、綿紐で後ろ手に縛り
首輪に繋がれたリードを引っ張って彼女をベッドに上げると
うつ伏せの状態で膝を立てさせお尻を突き出させ、力一杯、
平手で彼女の臀部を叩きました。

マオさんは平手で連打を受けると泣き叫びながら許しを乞い、
それでも許されずに打たれ続けると、嗚咽交じりの絶叫を上げ、
過呼吸に陥りました。

私はその様子を見て、彼女の限界と感じたため、
口にビニール袋を宛てて過呼吸を抑えて落ち着かせ、
ゆっくりと綿紐を解いていきました。

そしてしばらく彼女に休養を取らせて落ち着いたところで
次に私はうつ伏せのまま脱力しているマオさんに馬乗りになり
両手を背中で革手枷で拘束し、アタッチメントをつけた電マ
マオさんを快楽責めにして立て続けに絶頂に導きました。

「ホラ、本当にこれが最後だ。最後に逝け…」
「ああーっ!逝くうっ!また逝くうっ!」
マオさんは体力の限界に達していた様子でした。
これが最後と言われてやっと快楽責め地獄から解放されると思い
絶叫しながら再び昇天して果てました。

マオさんは精も根も尽き果てた様子でグッタリと脱力したまま
ハァハァと激しく肩で呼吸しながら呆然としていました。
そして最後の力を振り絞るようなかすれた声で…
「ハァハァ…ご主人様…ハァハァ…逝きました…。
 もう本当にこれ以上は無理です…ハァハァ…」
と私に訴えてきました。

「フフン、また気が変わった。もう一回逝って見せろ」
私はマオさんの心の支えを打ち砕くように嘲笑いながら言うと
「ううう…ご主人様は…鬼です…鬼畜です…ハァハァ…」
と涙を浮かべて私に答えました。

「フフッ、鬼畜か。最高の褒め言葉として受け取っておくよ。
 それにさっき同じことをされたんだから学習しろよ」
私は冷酷に笑うと再び電マを押し付けながら回転運動させ、
彼女のGスポットとクリトリスに振動刺激を与えました。

「ぎゃあーっ!ドSっ!嘘つきっ!あああーっ!
 イヤあーっ!もうダメぇっ!また逝くっ!逝くうっ!」
マオさんは再び発狂したような絶叫を上げると全身を痙攣させ
仰け反り口から泡を吹きながらエクスタシーに達して果てました。

私はマオさんが逝き果てても躊躇せずに電マを押し付けて続け
更に繰り返し彼女を快楽の深淵へと追い堕としていきました。

「おおーっ!逝くうっ!…あうーっ!逝くうっ!…
 あがーっ!逝くうっ!…ぎゃあーっ!逝くうっ!」
マオさんは昇天しては果て、再び昇り詰めては堕ちるという
オルガスムスをサイクル的に繰り返しました。

「ひいいっ!ひいっ!おおうっ!ぎゃああっ!」
マオさんは次第に人間としての理性的な言葉を失うと
ケダモノのような咆哮をあげてのたうち回りながら
本能的な快楽に飲み込まれ、更に何度も昇天を繰り返しました。

そして、ヒューッ、ヒューッという激しい呼吸音を立て始め
再び過呼吸に陥りました。

(ここまでが限界か…)
私はそう思うと電マアタッチメントを引き抜いて刺激をやめ
彼女の口にビニール袋を宛がって、呼吸を落ち着けました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4221-420e6fc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック