FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マオさん

※このお話を最初から読むには『初調教(その1)』まで。

**************************************************

※ユミさんを調教した時の画像を貼っておきますので、、
ポチッとクリックしてFC2ブログランキングUPにご協力下さい!


私はマオさんと初めて逢い調教することになりました。

まず部屋に入ると「断髪式」と称して彼女の恥毛を
キレイに剃り落としました。
そして、ベッドルームへと連れていき、綿紐で後ろ手に縛り
首輪に繋がれたリードを引っ張って彼女をベッドに上げると
うつ伏せの状態で膝を立てさせお尻を突き出させ、力一杯、
平手で彼女の臀部を叩きました。

マオさんは平手で連打を受けると泣き叫びながら許しを乞い、
それでも許されずに打たれ続けると、嗚咽交じりの絶叫を上げ、
過呼吸に陥ったので、口にビニール袋を宛てて落ち着かせ、
綿紐を解いて休息させました。

そして彼女が落ち着いたところで、次に私はうつ伏せのまま
脱力しているマオさんに馬乗で両手を背中で革手枷で拘束し、
アタッチメントをつけた電マでマオさんを快楽責めにして
立て続けに絶頂に導くと、彼女は強烈な快楽責めの連続絶頂で
再び過呼吸に陥りました。

その後、私は彼女を落ち着かせると次の調教に移るため
革手枷を外しました。

私はマオさんの横で仰向けに寝ると…
「ほら、次はしゃぶってみろ…」
と、彼女の彼女にフェラチオをするように促しました。

マオさんは私に言われても呆然としたまま虚ろな目をして
ハァハァと肩を揺らして呼吸して動かないままでした。

「ホラッ、ボケッとしてるんじゃねぇよ」
私は厳しい口調でそう言うと、彼女の赤く爛れた臀部を
ピシャッと強く平手打ちして促しました。

「ひっ!ごめんなさいっ!」
マオさんは弱った皮膚に与えられた苦痛の刺激を受けて
小さな悲鳴を上げて身体を強ばらせました。
そしてヨロヨロと気怠そうに身体を起こすと、
大の字に寝た私の股の間に身体を潜り込ませるようにして蹲り、
私の股間に顔を寄せてきました。

「黙ってしゃぶるんじゃねぇよ」
私は容赦なく叱りつけるようにマオさんの頬を平手打ちすると
「あううっ…ご、ごめんなさい、ご主人様…」
と目にいっぱいの涙を浮かべて私を見上げました。

私はマオさんの髪を鷲掴みにすると…
「最初に言うことがあるだろうが、あん?」
と冷徹な口調で静かに凄みました。

「あ、あ、あの…申し訳ございません、ご主人様…。
 ご主人様の…オチ○チン…おしゃぶりさせていただきます…」
マオさんは今にも泣き出しそうな声でかろうじて答えました。

「他にも言うことがあるだろうが…」
私が髪を掴んだまま頭を揺すって促すと…
「あううっ、も、申し訳ございません、ご主人様…ううう…。
 ご主人様のオチ○チンをおしゃぶりできて…嬉しいです…」
とマオさんは力無い声でそう答えました。

「フン、この変態の淫乱女が気取りやがって…。
 ケツ叩かれて喜んで、マ○コ責められてヨガリまくって、
 チ○ポしゃぶりたいんだろう」
「はい、ご主人様、ごめんなさい…。私は淫乱のメス犬です…
 ご主人様のオチ○チン…おしゃぶりしたいです…」
マオさんは促されたまま、そう答えました。

「フン、じゃあしゃぶらせてやるから喜んでやれよ。
 手を抜くんじゃねぇぞ…」
私はそう言いながら掴んだ髪を離しました。
マオさんは嬉しそうに泣き顔のまま微笑むと…
「ご主人様、ありがとうございます…」
と言って、私のペニスを口に含もうとしました。

「ホラッ、挨拶はどうしたっ!」
私はそう言って躾けるように彼女の頬を平手打ちすると…
「ううう…申し訳ございません、ご主人様…ううう…
 ご主人様のオチ○チン…いただきます…失礼します…」
と言ってからゆっくりと肉茎を口に含んでいきました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4227-8bfbba06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック