FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マオさん

※このお話を最初から読むには『初調教(その1)』まで。

**************************************************

私はマオさんと初めて逢い調教することになりました。

まず部屋に入ると「断髪式」と称して彼女の恥毛を
キレイに剃り落としました。
そして、ベッドルームへと連れていき、綿紐で後ろ手に縛り
首輪に繋がれたリードを引っ張って彼女をベッドに上げると
うつ伏せの状態で膝を立てさせお尻を突き出させ、力一杯、
平手で彼女の臀部を叩きました。

マオさんは平手で連打を受けると泣き叫びながら許しを乞い
過呼吸に陥ったので、口にビニール袋を宛てて落ち着かせ、
綿紐を解いて休息させました。

そして彼女が落ち着かせると、次はうつ伏せのマオさんに
馬乗で両手を背中で革手枷で拘束し、アタッチメントをつけた
電マで快楽責めにして立て続けに絶頂に導きました。
彼女は強烈な快楽責めの連続絶頂で再び過呼吸に陥りました。

私は再度、彼女を落ち着かせると革手枷を外し、
ベッドに仰向けになって彼女に口唇奉仕を命じました。


「ご主人様のオチ○チン…いただきます…失礼します…」
マオさんはそう言って私のペニスを口に含みました。

「最初から咥えるんじゃねぇよ」
私はそう言ってマオさんの後頭部を小突きました。
「ううっ、ごめんなさい、ご主人様…ううう…」
マオさんは突然叱られて驚いてそう答えました。

「ちゃんとブログのフェラチオシーンを読んできたか」
私が叱責するような口調でそう訊ねると…
「ううう…はい、読んできました…」
と申し訳なさそうにマオさんは答えました。

「じゃあ、やり方は分かるだろう。ちゃんとやれ」
「はい、申し訳ございません、ご主人様…」
マオさんは私に叱られて思い出したように舌を伸ばして
ペニスの根元から舐めようとしました。

「ホラッ、挨拶はどうした」
私はそう言って容赦なくマオさんの頬を平手打ちしました。
「あううっ、も、申し訳ございません…失礼します…」
マオさんは目に涙を浮かべながらそう答えると、
再び舌を伸ばしてペニスを下から上へ舐めあげていきました。

「チッ!こんな初歩の躾けも出来てねぇダメ犬かよ…
 ちゃんと躾けなおしてやるからキッチリ覚えろよ」
私が厳しい口調でそう言うとマオさんは私を見上げながら
「はい、かしこまりました、ご主人様…」
と答えて、ペロペロと私の肉竿を舐めていきました。

「もっとベロによだれを絡めるんだよ」
私がそう冷たく言うと、マオさんは私を見上げて…
「はい、かしこまりました、こうですか…」
と口から唾液を絞り出すように大量に溢れ出させ、
その粘液を舌にタップリと絡ませながらペニスを舐めました。

「そうだ。いいぞ。舐め上げていくときに舌を小刻みに
 左右に動かしながらやってみろ」
「はい、ご主人様…こうですか…」
彼女は私に命じられた通りに丁寧にペニスを舐めていきました。

「そうだ、いいぞ。そのまま先を転がすように舐めろ」
「はい、こうですか…」
「そうだ。もっとよだれを出して舐めろ」
「はい、こうですか…」
マオさんは私に教えられた通りに必死に奉仕を続けました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4228-0b0a7beb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック