FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マオさん

※このお話を最初から読むには『初調教(その1)』まで。

**************************************************

私はマオさんと初めて逢い調教することになりました。

まず部屋に入ると「断髪式」と称して彼女の恥毛を
キレイに剃り落としました。
そして、ベッドルームへと連れていき、綿紐で後ろ手に縛り
首輪に繋がれたリードを引っ張って彼女をベッドに上げると
うつ伏せの状態で膝を立てさせお尻を突き出させ、力一杯、
平手で彼女の臀部を叩きました。

マオさんは平手で連打を受けると泣き叫びながら許しを乞い
過呼吸に陥ったので、口にビニール袋を宛てて落ち着かせ、
綿紐を解いて休息させました。

そして彼女が落ち着かせると、次はうつ伏せのマオさんに
馬乗で両手を背中で革手枷で拘束し、アタッチメントをつけた
電マで快楽責めにして立て続けに絶頂に導きました。
彼女は強烈な快楽責めの連続絶頂で再び過呼吸に陥りました。

私は再度、彼女を落ち着かせると革手枷を外し、
ベッドに仰向けになって彼女に口唇奉仕を命じました。

マオさんが私のペニスにタップリと口唇奉仕をしたところで
私はコンドームをペニスに被せました。
そしてマオさんに「そのまま上に乗ってみろ」と命じました。

「はい、かしこまりました、ご主人様…」
マオさんは不安そうながらも嬉しそうな表情を浮かべると
私に跨って上に乗りました。
そして、屹立するペニスに手を添えて自分の亀裂の奥の
淫液が溢れる秘孔に宛がい、ゆっくり私の分身を飲み込むように
腰を沈めていきました。

「あっ…ああっ…ああ~…」
マオさんの口からは歓喜と安堵の入り混じった吐息と喘ぎが漏れ
ゆっくりと噛みしめるように淫らな秘孔で牡の肉塊を味わうように
自分の中に納めていきました。

「ホラ、何とか言えよ」
私が促すように腰を軽く突き上げると…
「あっ!ああっ!いいっ!気持ちいいです、ご主人様…」
とウットリとした表情を浮かべて甘えるように答えました。

「何を自分だけで善がってるんだよ…」
私が催促するようにそう言って再び腰を突き上げると
「はうっ!申し訳ございません、ご主人様…ううう…」
とマオさんは自分の体内に湧き起こる歓喜と快楽に震えて
甘えるような口調で答えました。

「ホラ、ちゃんと動くんだよ!」
私が叱る口調で今度は彼女の爛れた臀部を平手打ちすると
「ひっ!ごめんなさいっ!ううっ…あううっ…」
と軽い悲鳴を上げて腰を上下に律動させ始めました。

「ホラ、もっとしっかり動くんだよ。それじゃ永遠に終わらんぞ」
私は更に厳しく言ってお尻を平手打ちすると…
「ひいいっ!ごめんなさい、ご主人様っ!ううっ!あううっ!」
と必死に謝りながら身体を激しく上下に揺すり続けました。

「あっ!ああっ!ご主人様っ!いいですか?気持ちいいですか?」
マオさんは私に快楽を与えようと必死に身体を動かしながらも
自らの粘膜を肉槍で突かれる感覚で快楽を感じている様子でした。

「フフン、奉仕する立場のお前が独りで善がってどうするんだよ」
私があざ笑うように言いながら再びお尻をピシャリと叩くと
「ひいいっ!ごめんなさいっ!ご主人様、ごめんなさいっ!
 勝手に気持ちよくなって…申し訳ございませんっ!ああっ!」
と悲鳴にも似た歓喜の声を彼女は上げました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4235-bca9d016
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック