FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マオさん

※このお話を最初から読むには『初調教(その1)』まで。

**************************************************

私はマオさんと初めて逢い調教することになりました。

まず部屋に入ると「断髪式」と称して彼女の恥毛を
キレイに剃り落としました。
そして、ベッドルームへと連れていき、綿紐で後ろ手に縛り
首輪に繋がれたリードを引っ張って彼女をベッドに上げると
うつ伏せの状態で膝を立てさせお尻を突き出させ、力一杯、
平手で彼女の臀部を叩きました。

マオさんは平手で連打を受けると泣き叫びながら許しを乞い
過呼吸に陥ったので、口にビニール袋を宛てて落ち着かせ、
綿紐を解いて休息させました。

そして彼女が落ち着かせると、次はうつ伏せのマオさんに
馬乗で両手を背中で革手枷で拘束し、アタッチメントをつけた
電マで快楽責めにして立て続けに絶頂に導きました。
彼女は強烈な快楽責めの連続絶頂で再び過呼吸に陥りました。

私は再度、彼女を落ち着かせると革手枷を外し、
ベッドに仰向けになって彼女に口唇奉仕を命じた後、
騎乗位で挿入させました。

「ひいいっ!ごめんなさいっ!ご主人様、ごめんなさいっ!
 勝手に気持ちよくなって…申し訳ございませんっ!ああっ!」
マオさんは私にお尻を平手打ちされて騎乗位で動くように促されると
悲鳴にも似た歓喜の声を上げました。

「フフン、気持ちいいのか、この淫乱の変態女!」
私はそう言いながら上下運動し続けるマオさんのお尻を叩きました。
「ひいっ!いいですっ!ご主人様、気持ちいいですっ!
 ああっ!お尻を叩かれて…気持ちいいですっ!あああっ!」
マオさんは叫び声に近い歓喜の声を上げました。

「フン、ケツ叩かれて悦んでるのかよ、変態マゾ女!」
私はそう言ってお尻を何度も叩きながら、彼女の動きに合わせて
腰を突き上げ、肉槍が彼女の体内の一番奥まで届くように
動かしました。

「あっ!ああっ!気持ちいいっ!ご主人様、気持ちいですっ!
 ああっ!オマ○コの奥が気持ちいいですっ!あおうっ!
 ご主人様のオチ○チン…気持ちいいですっ!おおーっ!」
マオさんは顔を仰け反らせながら叫ぶように喘ぐと、
小刻みに身体をビクッ、ビクッと震わせ始めました。

「ケツ叩かれて悦んでマ○コ突かれて気持ちいいのか、
 お前は本当に淫乱のメス犬だな…」
「あううっ!はいっ!気持ちいいっ!オマ○コ気持ちいいです!
 おううっ!私は淫乱ですっ!あううっ!淫乱のメス犬ですっ!
 あおおっ!オマ○コ気持ちいいっ!オチ○チン気持ちいいっ!」
マオさんは私の言葉に煽られるように絶叫しながら
深く快楽を貪るように更に激しく身体を上下運動させました。

私は彼女が一層快楽に溺れるように更に強く突き上げました。
「ああっ!ご主人様っ!そこ、気持ちいいですっ!
 ああっ!オマ○コの奥が気持ちいですっ!
 あおおっ!もうダメですっ!逝きそうですっ!逝きそうですっ!」
マオさんは口から泡を吹きながら全身を震わせて叫びました。

「オラッ!逝けっ!」
私がそう言って強烈な突き上げを彼女に見舞うと…
「あっ!ああっ!逝くっ!逝くうっ!」
と断末魔のような叫び声を上げてビクビクッと痙攣をおこすように
全身を激しく震わせました。

そして、膣を強力に収縮させて私の肉塊を絞り上げるようにして
一気に快楽の頂点に達すると、そのまま脱力して
私の上に覆いかぶさるように崩れ落ちたのでした。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4236-6b0bc1c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。