FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マオさん

※このお話を最初から読むには『初調教(その1)』まで。

**************************************************

私はマオさんと初めて逢い調教することになりました。

まず部屋に入ると「断髪式」と称して彼女の恥毛を
キレイに剃り落としました。
そして、ベッドルームへと連れていき、綿紐で後ろ手に縛り
首輪に繋がれたリードを引っ張って彼女をベッドに上げると
うつ伏せの状態で膝を立てさせお尻を突き出させ、力一杯、
平手で彼女の臀部を叩きました。

マオさんは平手で連打を受けると泣き叫びながら許しを乞い
過呼吸に陥ったので、口にビニール袋を宛てて落ち着かせ、
綿紐を解いて休息させました。

そして彼女が落ち着かせると、次はうつ伏せのマオさんに
馬乗で両手を背中で革手枷で拘束し、アタッチメントをつけた
電マで快楽責めにして立て続けに絶頂に導きました。
彼女は強烈な快楽責めの連続絶頂で再び過呼吸に陥りました。

私は再度、彼女を落ち着かせると革手枷を外し、
ベッドに仰向けになって彼女に口唇奉仕を命じた後、
騎乗位で挿入すると最初のエクスタシーに達して果てました。

一気に快楽の頂点に達すると、そのまま脱力して
私の上に覆いかぶさるように崩れ落ちたのでした。

「チッ!だらしねぇな…。終わるにはまだ早いだろう!」
私はそう言って私の上に覆いかぶさっているマオさんの頭を
小突いて叱りました。

「ううっ…申し訳ございません…ご主人様…ハァハァ…」
マオさんは脱力して擦れた声で力なくそう答えると、
ヨロヨロと身を起こしました。

「簡単に自分だけ善がって逝きやがって、だらしねぇな」
私がそう叱りつけて再び爛れたお尻を平手打ちすると
「あううっ…も、申し訳ございません、ご主人様…」
と力なく申し訳なさそうに彼女は答えました。

「ホラ、サボッてないで、サッサとやれ…」
「ううう…はい、かしこまりました、ご主人様…ううう…」
マオさんは私に催促されると再び腰の律動を始めました。

「ううう…ご主人様…気持ちいいですか…ううう…」
マオさんはそう言って疲れ切った重い体に力を込めて
やっとの思いで腰を前後に律動させ始めました。

「ホラッ!ちゃんとやれよっ!」
私はそう叱りつけると両乳首を指で抓り上げました。
「ぎゃあっ!ううっ!痛いっ!痛いです、ご主人様っ!」
マオさんは突然襲ってきた粘膜の苦痛に涙声で答えました。

「ボケッとしてるから目を覚ましてやったんだよ…
 いつまでもボーッとせずちゃんとケツ振るんだよっ!」
「ううっ!はい、申し訳ございません、ご主人様…ううう…」
マオさんは涙声で申し訳なさそうに謝罪すると
再び腰を激しく前後に動かし始めました。

「ああっ!ご主人様、気持ちいですかっ!ああっ!あううっ!
 ご主人様、メス犬のオマ○コは気持ちいいですか?」
マオさんはそう言いながら腰を前後に動かし続けました。

「おお、いいぞ。そのまま続けろ…」
私はそう言いながら更に強く乳首を抓り上げました。
「あああっ!痛いっ!ご主人様、痛いですっ!ああっ!
 でも…でも…気持ちいいですっ!オマ○コと乳首が…
 気持ちいいですぅっ!ああっ!ああーっ!」
マオさんは膣粘膜の快楽と乳首への苦痛を同時に受けることで
苦痛を快楽に変換している様子でした。

「ああっ!痛いっ!ああっ!気持ちいいっ!」
マオさんはそう叫びながら必死に腰を前後に動かし続け
快楽を貪り続けている様子でした。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4237-8ca6e7d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック