FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マオさん

※このお話を最初から読むには『初調教(その1)』まで。

**************************************************

私はマオさんと初めて逢い調教することになりました。

まず部屋に入ると「断髪式」と称して彼女の恥毛を
キレイに剃り落としました。
そして、ベッドルームへと連れていき、綿紐で後ろ手に縛り
首輪に繋がれたリードを引っ張って彼女をベッドに上げると
うつ伏せの状態で膝を立てさせお尻を突き出させ、力一杯、
平手で彼女の臀部を叩きました。

マオさんは平手で連打を受けると泣き叫びながら許しを乞い
過呼吸に陥ったので、口にビニール袋を宛てて落ち着かせ、
綿紐を解いて休息させました。

そして彼女が落ち着かせると、次はうつ伏せのマオさんに
馬乗で両手を背中で革手枷で拘束し、アタッチメントをつけた
電マで快楽責めにして立て続けに絶頂に導きました。
彼女は強烈な快楽責めの連続絶頂で再び過呼吸に陥りました。

私は再度、彼女を落ち着かせると革手枷を外し、
ベッドに仰向けになって彼女に口唇奉仕を命じた後、
騎乗位で挿入すると最初のエクスタシーに達して果てました。

「ホラ、重てぇな…。サッサと降りろ…」
私はそう言うと、私の上でグッタリと脱力してハァハァと息をする
マオさんを放り出すように横に転がしました。

「あうう…」
マオさんは虚ろな表情で脱力したままベッドに仰向けになって
呆然としていました。

私は彼女の両足首を掴んで大きく股を開かせると
無毛になった雌の亀裂に男根の先端を宛がって
正常位で再び彼女の中に押し入って行きました。

「ああっ!ああーっ!あああっ!」
マオさんは言葉にならない歓喜の喘ぎ声を上げながら、
快楽に溺れるように身体をビクビクと震わせ続けました。

私はマオさんの両膝の裏側を掴むと彼女の頭の横まで
持ち上げるようにして屈曲姿勢を取らせました。
そして、彼女の一番奥に叩きつけるように
腰をピストン運動させました。

「あっ!ああっ!逝くっ!また逝くっ!おおっ!逝くうっ!」
マオさんは理性も羞恥心も自制心もすべて失った状態で
与えられる快楽をそのまま受け入れてオルガスムスに
あっという間に達してしまいました。

私はそれでも彼女への激しい責めを緩めることなく
更にピストン運動を続けました。

「ああっ!気持ちいいっ!オマ○コ、気持ちいいっ!ああっ!
 逝くっ!また逝くっ!おおおっ!逝くうーっ!」
マオさんは発狂したように叫び続けながら繰り返し昇天しては
再び昇り詰めていくという快楽地獄に堕ちていきました。

マオさんの全身は汗と唾液と愛液とでグッショリと濡れ、
私のピストン運動に合わせるようにグチョッ、グチョッという
粘着質の潤った音が響きました。

その激しい責めを受けながらも、彼女の感度のいい膣は収縮し
私の肉槍の運動にしがみつように絡み付いてきました。
私はその粘膜の締め付けを快く感じながら、自分自身の爆発が
近づいてきていることを感じていました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4243-4edee8af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック