FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マオさん

※このお話を最初から読むには『初調教(その1)』まで。

**************************************************

私はマオさんと初めて逢い調教することになりました。

まず部屋に入ると「断髪式」と称して彼女の恥毛を
キレイに剃り落としました。
そして、ベッドルームへと連れていき、綿紐で後ろ手に縛り
首輪に繋がれたリードを引っ張って彼女をベッドに上げると
うつ伏せの状態で膝を立てさせお尻を突き出させ、力一杯、
平手で彼女の臀部を叩きました。

マオさんは平手で連打を受けると泣き叫びながら許しを乞い
過呼吸に陥ったので、口にビニール袋を宛てて落ち着かせ、
綿紐を解いて休息させました。

そして彼女が落ち着かせると、次はうつ伏せのマオさんに
馬乗で両手を背中で革手枷で拘束し、アタッチメントをつけた
電マで快楽責めにして立て続けに絶頂に導きました。
彼女は強烈な快楽責めの連続絶頂で再び過呼吸に陥りました。

私は再度、彼女を落ち着かせると革手枷を外し、
ベッドに仰向けになって彼女に口唇奉仕を命じた後、
騎乗位で挿入すると何度もエクスタシーに達し、
更にその後、正常位で挿入して快楽を与え続けました。

「ああっ!気持ちいいっ!オマ○コ、気持ちいいっ!ああっ!
 逝くっ!また逝くっ!おおおっ!逝くうーっ!」
マオさんは発狂したように叫び続けながら繰り返し昇天しては
再び昇り詰めていくという快楽地獄に堕ちていきました。

その絶頂に達するたびにマオさんの括約筋は痙攣するように
強く締め上がり私のペニスに快楽を与えました。
その感触を感じながら、私自身の爆発が近いことを感じました。

「おお…マオ、なかなかいいぞ。このまま逝くぞ…」
私はそう言いながら抽挿運動を更に激しくしていきました。

「ああっ!逝って下さい…、ご主人様、逝って下さい…ああっ!」
マオさんは呂律の回らない口調でそう言いながら、
私の運動をアシストして私を奥に導くかのように
自ら腰をグラインドさせ続けました。

「おおうっ!逝くぞっ!マオ、中で逝くぞっ!」
「ああっ!はい!逝って下さい!そのまま逝って下さい!」
私はマオさんの言葉を受けて、叩き込むように肉棒を奥まで押し込むと
そのまま興奮の頂点に達して欲望の白濁液を放ちました。

そして2人でグッタリとしたまましばらく動けなくなりました。

私はその後、呼吸を整えるとマオさんの上から降りて隣で仰向けになり
「ホラ、マオ、掃除しろ…」と頭を小突いて命じました。

「ううう…はい…かしこまりました、ご主人様…ハァハァ…」
マオさんは命じられてヨロヨロと起き上がると
私の股間の滑り込んで身を屈めてペニスに顔を寄せ
コンドームを中の精液が零れないように外しました。
そして、愛液と精液でベットリと汚れた私の性器全体を
陰嚢の裏側から肉茎の先端まで、丁寧に舐めていきました。

「あぁ…ご主人様…嬉しいです…ご奉仕できて幸せです…」
マオさんはウットリとした表情でそう言いながら、
何度もペニスを舐め上げ、付着した粘液をキレイに
舐め取っていきました。

私は彼女のその様子を見つめながら、強い満足感に浸ったのです。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4244-b6c53808
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。