FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マキさん

**************************************************

ある日、マキさんからブログ経由で私宛にメールが送られてきました。

そこにはSMに対する漠然とした興味と願望が書かれており
私とメールを通じて会話をすることでSMの世界に触れたい
という内容が書かれていました。

そして、彼女とメールを続けているウチに、彼女の中にある
「言葉で蔑まれたい」「言葉で苛められたい」という願望が見え、
更に、エミコさんアキノさんのように
「M化することで今の自分を変えたい」
という願望があることを感じ取りました。

私はマキさんとメールのやり取りを続けることで
女性がM化することのメリットを丁寧に説明しました。。

その説明を受けてマキさんは…
> 私を亮さんの奴隷にしていただきたいです。
と隷属を志願してきました。

私はその上で、現在ユミさんという女性を飼っていることと
他にも志願している女性がいることを正直に伝えました。

マキさんは私からの報告を受けると納得した様子で…
> 最初から全部正直に言って下さる亮さんは
> 誠実な方だと思いますし安心もできます。
と、返信してきたのでした。

私はマキさんから確認の返信を受け取ると、
これまでの経緯を包み隠さずユミさんに伝えて
マキさんを飼うことについての許可を得ることにしました。

ユミさんはかなり驚いた様子で返信を送ってきました。

> ご主人様、ご連絡をありがとうございます。
> こんな短期間に同時期に志願の女性が現れたことで
> かなり驚いていますが…。
>
> でも、マオさんの時もメールで書いた通り、
> 私としてはご主人様が新しい奴隷さんを飼うことに
> 異論はありません。
>
> その女性も私と同じように可愛がってあげて下さい。

ユミさんからのメールにはそう書かれていました。

その結果をマキさんにメールで報告すると…

> ありがとうございます。嬉しいです。
> 許可をいただけなかったらどうしようかと心配でしたが
> 受け入れていただけたので安心しました。
>
> ユミさんにも感謝していますとお伝え下さい。

と、書かれた返信が送られてきました。

私はユミさんからマキさんを飼うことに許可を得たので
マキさんを次の段階に進めることにしました。

> マキさんもブログを読んでご承知だと思いますが、
> 隷属志願の女性には私の作った「奴隷講座」というサイトを
> 最初に読んでいただいています。
>
> この「奴隷講座」には、私が女性を飼う上での基本的な考えや
> 方針が細かく書かれています。
>
> この「奴隷講座」を読むにはIDとパスワードが必要となります。
> IDとパスワードを設定しますので生年月日を西暦で教えて下さい。

すると、すぐにマキさんから返信が送られてきました。

> 「奴隷講座」はブログを読んでいて知っていました。
> 私も読んでみたいと思っていましたので嬉しいです。
>
> 私の誕生日は199X年X月XX日です。

私は彼女のメールを読んで、すぐに「奴隷講座」が読めるよう
IDとパスワードを設定しました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4252-06c13241
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック