FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マキさん

**************************************************

ブログ経由で隷属志願をしてきたマキさんとメールのやり取りを続け
彼女が大学を卒業して就職を期に上京するのに合わせて、
直接逢って面接をし、彼女を奴隷として受け入れることにしました。

私は最初に、マキさんに対して私を「ご主人様」と呼ぶよう命じ、
続けて毎日オナニーすることを命じました。

マキさんは私に命じられたことを理解して、私をご主人様と呼び、
持ち前の丁寧さと慎重さが感じられるような文章で
オナニーの報告を送ってくるようになりました。

私は彼女のその丁寧な文章の書き方を見て彼女らしさを感じ
それが彼女の美点であるように感じました。
そして、丁寧な文章でオナニーを報告し続けることで
彼女自身が自らの淫乱さに気付いて興奮している様子でした。

私は彼女のモチベーションを上げるように返信を送りました。

> マキのオナニーの報告は丁寧でいいぞ。
> マキの丁寧で細心な性格がいい方向に出ていると感じるよ。
> 今後もそういう丁寧な報告を心掛けなさい。

マキさんからは更に詳細なオナニー報告のメールが
送られてくるようになりました。

> 今朝は早くに目が覚めて、それからオナニーをしました。
>
> ずっとしてみたかったベランダでのオナニーを
> 思い立ってしてしまいました。
> コンクリートの外壁があって、しゃがむと外からは見えないので
> しゃがんでまず寝巻きの上から乳首をいじりました。
> 早朝なので人通りは少ないと思っていたのですが、
> 静かなだけに歩いてる人の足音や車の音が耳に入って
> 興奮してしまいました。
> 声を我慢しないと聞こえてしまうと考えると余計に興奮しました。
>
> その後、ベッドに入ってさっきまで自分がしていたことに
> 背徳感を覚えながら、クリと乳首でオナニーをしました。
> おまんこを触ってみるとすでにぬるぬるに濡れていました。
> そのぬるぬるを指ですくってクリに塗り、押し潰すように触ると
> 思わず「あっ」と声が出てしまいました。
>
> しばらく触っていて逝きそうになったところで、
> 「逝ってはいけない、逝ったらお仕置き」
> ということを考えてみたら、それだけで快感が増してしまい
> すぐに逝ってしまいました。

私は彼女の行為を読んで、更に羞恥心を煽るように
返信を送り返しました。

> オナニーの報告は今回もよく出来ているな。
> これまで飼ってきた奴隷の中でもマキのオナニー報告が
> 一番臨場感がある(笑)
> お前、官能小説が書けるようになるぞ(笑)
>
> ベランダはいいパーソナルスペースだな。
> 見える部分と隠れる部分があるので
> 使い勝手のいい露出エリアだな。
>
> 他人から見えてしまうかもしれないシチュエーションで
> そこまで興奮してオナニーできるのは露出狂だからだろう。
> お前は露出狂的な変態の素質もあるんだな(笑)

そう書き送るとマキさんからは嬉しいような恥ずかしいような
返信が送られてきました。

> ご主人様、お返事ありがとうございます。
> オナニーしているときは背徳感があるので、
> 余計に物音が耳に入ってきてドキドキしてしまいます。
> 露出のスリルがあると一層興奮します。
> 私は淫乱な上に露出狂の気もある変態なのかもしれません。
> ご主人様に調教していただいて自分自身に驚いています。

マキさんは自分自身を解放できるようになったのでことで
驚きと喜びを感じている様子でした。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
マキさんのオナニー報告読ませていただいています。
見事な文章力ですね。
勉強させてもらっています。
私もご主人様に楽しんでいただけるオナニー報告が出来るように
参考にさせてください。

「そのぬるぬるを指ですくってクリに塗り」
この言葉使わせてください。
すくうっていう表現、素敵ですね。
2017/07/08(土) 08:34 | URL | ぴもちゃん #-[ 編集]
ぴもちゃんへ
コメントありがとうございます。

実は、この報告メールもブログ用に端折ってありまして
実際はもっと詳細で臨場感のある報告です。

丁寧で詳細なのは彼女の美点でもありますし
真面目で真摯な性格の現れでもあるように感じています。

今後もそういう美点を大切にして欲しいと考えています。
2017/07/09(日) 06:58 | URL | #4yLSmPWY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4272-d7a6e887
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック