FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マキさん

※このお話を最初から読むには『破瓜調教(その1)』まで。

**************************************************

ブログ経由で隷属志願をしてきたマキさんとメールのやり取りを続け
彼女が大学を卒業して就職を期に上京するのに合わせて、
直接逢って面接をし、彼女を奴隷として受け入れることにしました。

彼女には従属したその日から私のことを「ご主人様」と呼ばせ、
彼女の性感を高めるために毎日オナニーすることを命じました。

そして、彼女の休日に実際に逢って調教することになりました。
そこで、私はマキさんに調教の数日前からオナニーを禁止し、
同じショーツをずっと穿き続けることを命じて、
彼女の性欲を膨張させ羞恥心を煽って興奮を高めた上で、
調教することにしました。

調教当日、私はマキさんを予約したホテルに招き入れると、
まず下着姿になるように命じ、更に、ずっと穿き続けた下着を
見せるように命じました。
彼女は羞恥心と驚きでフリーズしたまま固まってしまいました。

私はマキさんの頬を平手打ちして強引に下着を見せるよう強要し
続けて、そのままオナニーをするように命じました。
マキさんは最初は戸惑っていましたが、私の平手打ちを受け
更に足蹴にされて覚悟を決めた様子で、おずおずとオナニーを
始めました。

マキさんは四つん這いになって私にお尻を向けて突き出し
両手で未通の閉じられた陰唇を広げて奥にある秘核を
指で転がすように刺激し始めました。

「あああ…ご主人様…ごめんなさい…ごめんなさい…
 変態で淫乱の露出狂女でごめんなさい…。
 ああ…ご主人様…気持ちいいです…ううう…
 オナニーしているのを見られて…嬉しいです…ううう…」
マキさんは自らを辱めるようにそう言いながら
自分に言い聞かせるように興奮を高めている様子でした。

「フン、オナニーを見られて嬉しいのか、この変態女」
「ううう…嬉しいです、ご主人様…ううう…」
「オナニーを禁止させられてやりたくて堪らなかったんだろう」
「ああ…はい…オナニー禁止は…ツラかったです…ううう…」
「フン、お前は毎日オナニーする淫乱だもんな…」
「あああ…はい、私は淫乱です…毎日オナニーする淫乱です…」
言葉責めで興奮する性癖のマキさんは、そう自らを貶めることで
更に興奮を高めている様子でした。
そして、その興奮が淫核をまさぐる指の動きを加速度的に高め
快楽に没頭して堕ちていく様子でした。

私はソファから立ち上がるとオナニーに没頭するマキさんの
後頭部を踏み付けました。

「ひいっ!」
マキさんは驚きと屈辱の悲鳴を上げました。

私は遠慮も躊躇も無くマキさんの後頭部をグリグリ踏み付けて
「ホラ、手を止めずにオナニーを続けるんだよ…」
と、冷酷な口調で言い放ちました。

「あうう…申し訳ございません、ご主人様…ううう…」
マキさんは私に促されて再び股間を自ら慰め始めました。

「ホラ、黙ってないで何とか言ってみろよ…」
私は意地悪く嘲笑いながらマキさんに促すと…
「ううう…嬉しいです、ご主人様…ううう…」
と屈辱と恐怖の涙交じりのか細い声で答えました。

「フン、踏み付けられて嬉しいか、この変態マゾ女、あん?」
私はそう言いながら更に彼女の頭を強く踏み付けました。

「あああ…嬉しいです…踏まれて…嬉しいです…ううう…
 私は踏み付けられて喜ぶ…変態の…マゾ女です…ううう…」
マキさんは屈辱を歓喜に変えながらそう答えて、
自らを慰める指の動きを速めていきました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4283-a9e0b0c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック