FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マキさん

※このお話を最初から読むには『破瓜調教(その1)』まで。

**************************************************

ブログ経由で隷属志願をしてきたマキさんと直接逢って面接をし、
彼女を奴隷として受け入れ初めて調教することになりました。

調教の前の数日間、私はマキさんにオナニーを禁止し、
同じショーツをずっと穿き続けることを命じて、
彼女の性欲を膨張させ羞恥心を煽って興奮を高めました。

調教当日、私はマキさんを予約したホテルに招き入れると、
まず下着姿になるように命じ、更に、ずっと穿き続けた下着を
見せるように命じ、そのままオナニーをするように命じました。

そして、彼女は四つん這いの姿勢で私に頭を踏み付けられたまま
自らを指で慰めることで最初のエクスタシーに達しました。

私は次にソファに座りマキさんに首輪を嵌めフェラチオを命じました。
男性経験が無くフェラチオも未経験だったマキさんは
困惑した様子でフリーズ状態に陥りました。
私は最初なので彼女に丁寧に口唇奉仕を教えることにしました。
「じゃあ、チ○ポを咥えたままオナニーしてみろ…」
マキさんは私の言葉に一瞬躊躇した様子でしたが…
「ふぁい、はひほはひはひは(はい、かしこまりました)」
と答えて、右手を股間に移動しオナニーを始めました。

「んふっ…んっ…んんんっ…んふんっ…」
マキさんは鼻から悩ましげな吐息を漏らしながら
恍惚の表情で股間をまさぐり続けていました。
そして快楽の波が押し寄せるたびに身体をビクビクと
痙攣させるように震わせました。

「ホラ、サボってんじゃねぇよ。ちゃんとしゃぶれ」
私が冷たい口調でそう言いながら彼女の頭を小突くと
「ふぁい、ほうふはへあいあへん(はい、申し訳ありません)」
と答えて、再び口をすぼめて顔を上下運動させ始めました。

「んふっ…んふっ…んんんっ…むふうっ…」
マキさんは自らを慰める指の動きを次第に速めていきながら
自分自身の興奮を高めていく様子でした。

「フフン、気持ちいいか、あん?」
「ふぁい、ひほひいいえふ(はい、気持ちいいです)」
「チ○ポしゃぶりながら自分でマ○コ弄って嬉しいか」
「ふぁい、うえひいえふ(はい、嬉しいです)」
「チ○ポしゃぶるのもオナニーするのも大好きなんだろう、
 この淫乱の変態マゾ女…」
「ふぁい、らいふひへす(はい、大好きです…)んふうっ…
 ははひは、ひんはんほ、へんはひへふ(私は、淫乱の、変態です)」
マキさんは自らを貶める言葉で自分自身に暗示を掛けるように
そう言いながら更に興奮を高めている様子でした。

マキさんは次第に身体を小刻みに震わせ始めました。
「ほふひんはは、ひっへもひいへふは(ご主人様、逝ってもいいですか)」
快楽の頂点が近付いてきたマキさんは私を見上げてそう言うと
更に指の動きを速めている様子でした。

「ああ、いいだろう。さっさと逝け、変態マゾ女」
「あいあほうほはいはふ(ありがとうございます)」
許可を得たマキさんは嬉しそうに微笑むと
更に指の動きを速め、合わせるように顔の上下運動を
激しくしていきました。

「んふっ…んふうっ…ひふ(逝く)…んんんっ…」
マキさんはそう呻きながら身体をビクッ、ビクッと痙攣させ
一気に快楽の頂点に達して果てた様子でした。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4290-2d011999
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック