FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マキさん

※このお話を最初から読むには『破瓜調教(その1)』まで。

**************************************************

ブログ経由で隷属志願をしてきたマキさんと直接逢って面接をし、
彼女を奴隷として受け入れ初めて調教することになりました。

調教の前の数日間、私はマキさんにオナニーを禁止し、
同じショーツをずっと穿き続けることを命じて、
彼女の性欲を膨張させ羞恥心を煽って興奮を高めました。

調教当日、私はマキさんを予約したホテルに招き入れると、
まず下着姿になるように命じ、更に、ずっと穿き続けた下着を
見せるように命じ、そのままオナニーをするように命じました。

そして、彼女は四つん這いの姿勢で私に頭を踏み付けられたまま
自らを指で慰めることで最初のエクスタシーに達しました。

私は次にソファに座りマキさんに首輪を嵌めフェラチオを命じました。
男性経験が無くフェラチオも未経験だったマキさんは
困惑した様子でフリーズ状態に陥りました。
私は最初なので彼女に丁寧に口唇奉仕を教えることにしました。

そして、彼女は教えられた通りにフェラチオをしながら、
オナニーすることを命じられ、そのまま自分を慰めて
エクスタシーに達して果てました。

そのあと、ベッドへ移動し、いよいよ処女喪失になりました。

痛がり抵抗するマキさんを無理矢理抑えつけて
堅く閉じられた膣がメリメリと軋むように押し広げながら
ペニスを一番奥まで挿入すると、マキさんは涙を浮かべて
必死に苦痛に耐えている様子でした。

「もう入ったんだから諦めろ…」
私は冷たく言うと、容赦なく腰を前後律動させ始めました。

「ひいっ!ううっ!あうっ!痛いっ!」
マキさんは顔をしかめながら苦痛で悲鳴を上げました。

「フン、我慢しろよ…」
私は冷淡にそう言うと彼女に構わず腰の律動を続けました。
そして、膝の裏側を掴んで脚を持ち上げるように屈曲させ
彼女の更に奥まで肉棒を押し込み、彼女のポルチオに
亀頭の先端が当たるように動かしました。

「あっ!ああっああーっ!」
マキさんは初めて得る身体の奥の不思議な感覚に
全身をビクッ、ビクッと震わせました。

私はこの反応が彼女の快楽の前兆だと判断して
更にGスポットからポルチオへと至る粘膜を
亀頭で強く刺激するように律動を繰り返しました。

「あっ!あううっ!ああっ!ああーっ!」
マキさんは苦痛と快楽とがおり混ざった不思議な感覚に
ただただ言葉にならない声を上げ続けました。

私はそれでも彼女が快楽を感じられるように
敏感な粘膜を刺激し続けながら彼女の反応を見つめました。

「あううっ!ううっ!ご主人様…」
マキさんは涙で潤んだ目で私を見つめながら哀訴するように
言葉を絞り出しました。

私はその表情からマキさんの言いたいことをくみ取るように
言葉を促しました。
「マキ、気持ちいいんだろう…」
マキさんは私の言葉に戸惑いながらも小さく頷き…
「気持ち…いいです…」
と囁くように答えました。

「フフン、初めてのSEXから気持ちいいのかよ…
 お前は本当に淫乱だな…」
私はそう言ってマキさんの被虐心と羞恥心を煽ることで
彼女の興奮を更に高めました。

マキさんは恥ずかしそうに目を閉じて俯いたまま
黙って快楽の波を受け入れ続けていました。

私はそんな彼女に更なる快楽を与えようと、
一層強く腰のピストン運動を続けました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4293-39a7ccc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック