FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ミィさん

ミィさんは私のツイッターのフォロワーさんで、
短文のDMでチャットのような短文のやり取りを
ずっと続けていました。

ミィさんは高3の受験生で大学入試に追われる中で

> 如月さんのブログの調教シーンを読んで気晴らししています。

と、私のブログの愛読者であることを教えてくれました。

その上で、ミィさんの「犬になりたい」という願望と
「自己承認」という欲求、更に「相手の期待と理想に応えたい」
という向上心が見られるようになりました。

ある日、彼女は私のブログを読んで「奴隷講座を読んでみたい」
と願い出てきました。
私は当初かなり躊躇しましたが、彼女が読めるように
IDとパスワードを設定してURLを送ると、あっという間に読了して
感想をメールで送ってきました。

そして、その「奴隷講座」からお互いのSMに対する考え方や
願望などを丁寧にやり取りし続けていくと、
最終的にミィさんは私の考えに得心した様子で…

> 如月さんをご主人様とし、私は奴隷となってお仕えして、
> ご主人様の「理想の奴隷」になることを約束致します。


と、隷属志願のメールを送ってきました。

私はミィさんの突然の申し出にかなり驚きました。

(私)
> おっと、突然でビックリです。
> 何か心の琴線に触れるような言葉がありましたか?

(ミィさん)
> はい。ご主人様の言葉ですごく納得がいきました。
> 私がご主人様を尊敬していることを証明できる
> 今できる最大限の敬意と受け取って下さい。

(私)
> そうですか。ありがとうございます。
> ですが、現在ミィさんは遠方に住んでいる高校生です。
> 当面は試験勉強をして首都圏の志望大学に入って下さい。
> 奴隷として受け入れるのは落ち着いてからにしましょう。

(ミィさん)
> はい。ありがとうございます。
> ご主人様のお近くで可愛がっていただけるように
> 志望校の合格を目指して試験勉強も頑張ります。

そういう素直な言葉が可愛らしいとも感じられました。
そして、ミィさんに最初に正しく私の状況を伝えることにしました。

(私)
> では、最初にキチンと私の状況を説明しておきます。
>
> まず、今、飼っているのは名古屋に住んでいるユミです。
> その他に調教希望の女性が2人います。
> 2人ともまだお会いしたおとはありません。
>
> 1人は同じく23歳の学生さんでマオさんと言います。
> もう1人は22歳のこの春から社会人になる学生さんで、
> マキさんと言います。
>
> その2人には近日中に逢うことになっています。
> この2人を飼うとしてもミィさんも大切にするつもりです。

(ミィさん)
> わかりました。

(私)
> 彼女達も多頭飼いは納得しているので問題はありません。
> ですので、ミィさんも後から隷属志願の女性が現れても
> 自分が受け入れてもらったのと同じように受け入れて下さい。

(ミィさん)
> わかりました。お約束します。

(私)
> その代り、私もミィさんとお約束したことは守ります。
> ミィさんに与えたルールや既得権は他の奴隷には侵害させませんし
> 他の奴隷たちにもルールは必ず守らせます。

(ミィさん)
> はい。わかりました。そこは安心しています。

(私)
> では、合格して上京してから大切に飼うことにします。
> ミィさんとはそういうお約束にしましょう。

(ミィさん)
> はい。わかりました。ありがとうございます。
> 私、第一志望校に絶対に合格してみせます。

ミィさんとはそういう約束を交わすことになりました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4309-dfe24bfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック