FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ミィさん

※このお話を最初から読むには『初調教(その1)』まで。

ミィさんは全裸に首輪を嵌められて後ろ手に縛られ、
床に膝をついた状態でベッドに上半身を伏せて
お尻を突き出す格好をさせられました。

そして、お尻をスパンキングされながらオルガスター
振動刺激を受けて最初の絶頂に達し、そのまま続けて
バイブで二度目の絶頂に達しました。

その絶頂時の全身の痙攣と膣の締め上げで、
バイブが根元から折れてしまいました。

私はミィさんをベッドに上がらせてうつ伏せにすると
両脚の膝を折って足首と太股を重ねるように縛り、
その綿紐を背中の結び目に縛り付けて両脚を開き
閉じられないように固定しました。

その上で電マアタッチメントを装着して突端を挿入し
振動刺激を与えながら乗馬鞭でスパンキングしました。

「ぎゃあっ!痛いっ!」
ミィさんは悲鳴を上げながらのたうち回りましたが
両手脚を縛られているため身動きができず、
必死にもがいていました。

「ホラ、痛いじゃねぇだろう…
 それに痛いときは何て言うか教えたはずだろうが」
私はそう言いながら、足下にうつ伏せになっている
ミィさんの秘部を刺激し続けている電マを踏み付け
グリグリと押し付けました。

「ああっ!う、う、嬉しいです、ご主人様…」
ミィさんは涙交じりの声でそう答えました。

「フフン、わかっているならそう言えよ。
 ホラ、じゃあもっと喜べよっ!」
私は再び乗馬鞭でミィさんのお尻を叩きました。

「ぎゃあっ!痛い…ううう…ご主人様…ううう…
 う、う、嬉しい…です…ううう…」
ミィさんは涙交じりの声でそう言うと苦痛と恐怖で
身体を小刻みに震わせました。

「ふん、嬉しいか、この変態メス犬め…」
私はそう言いながら更に何発もミィさんのお尻を
乗馬鞭で叩き続けました。

彼女の真っ白な肌には幾筋もの紫色の痕が残り
皮膚は爛れて裂けて血が滲んでいました。

「ぎゃあっ!嬉しいっ!あおおっ!嬉しいっ!」
ミィさんは苦痛から逃れるための自己暗示のように
狂ったような叫び声を上げ続けました。

「フン、嬉しいか、この変態メス犬…」
私はミィさんを嘲るように言いながら繰り返し
乗馬鞭ででスパンキングし続けました。

「あおうっ!ひいいっ!ああうっ!ぎゃあっ!」
ミィさんは鞭打たれるたびに人間の言葉ではない
悲鳴を上げ続けました。
そして、初めて経験する強烈な苦痛に
必死に耐え続けていました。

そして、ミィさんは精根尽き果てる直前に
最後の力を振り絞って…
「ご主人様!もう無理ですっ!許して下さいっ!」
と泣きながら私に訴えました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4340-c3b42cea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック