FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ミィさん

※このお話を最初から読むには『初調教(その1)』まで。

ミィさんは全裸に首輪を嵌められて後ろ手に縛られ、
床に膝をついた状態でベッドに上半身を伏せて
お尻を突き出す格好をさせられました。

そして、お尻をスパンキングされながらオルガスター
振動刺激を受けて最初の絶頂に達し、そのまま続けて
バイブで二度目の絶頂に達しました。

その絶頂時の全身の痙攣と膣の締め上げで、
バイブが根元から折れてしまいました。

私はミィさんをベッドに上がらせてうつ伏せにすると
両脚の膝を折って足首と太股を重ねるように縛り、
その綿紐を背中の結び目に縛り付けて両脚を開き
閉じられないように固定しました。

その上で電マアタッチメントを装着して突端を挿入し
振動刺激を与えながら乗馬鞭でスパンキングしました。

ミィさんは最後に乗馬鞭で打たれて爛れた皮膚を
の柄でグリグリと抉られながら、電マの振動刺激で
再び昇天して果てました。

私は力尽きたままグッタリと脱力しているミィさんを
仰向けに寝かせて、膝を折って縛ったままの両脚を
持ち上げるように屈曲姿勢を取らせました。

そして素早くペニスにコンドームを被せると
既に昇天することで弛緩しきった膣の中に
ゆっくりと押し込んでいきました。

「あぁ…はあぁ…」
ミィさんは呆然としたまま言葉にならない喘ぎ声を
漏らしました。

私はミィさんの反応には構うことなく腰を律動させ
肉竿を注挿運動させ始めました。

「あうう…はうう…ううう…」
ミィさんは膣粘膜を押し広げられて摩擦から得られる
快楽に甘い喘ぎ声を上げました。

「ホラ、ボケッとしてないで何とか言ってみろ」
私はそう言ってミィさんの頭を小突くと…
「ううっ…ごめんなさい、ご主人様…ううう…
 気持ちいいです…オマ○コ気持ちいいです…」
と力無く答えました。

「そうか。マ○コ気持ちいいのか。
 つい先日まで女子高生だったのにお前は淫乱だな」
「ううう…はい…ご主人様…私は淫乱です…」
「フン、じゃあ淫乱の変態メス犬を喜ばせてやる」
私はそう言いながら肉槍でミィさんのGスポットを
抉るように腰を突き上げました。

「ああっ!そこ、気持ちいいですっ!あおおっ!」
ミィさんは粘膜の敏感な弱点を攻撃されて
身体を震わせながら悲鳴を上げました。

私はそれでも容赦することなく彼女の弱点を
繰り返し突き上げました。
彼女の膣からは更に大量の粘液が溢れ出てきて
その潤滑油が私の動きを更にスムーズにし、
グチョッグチョッという粘着質な音を立てました。

「はううっ!気持ちいいっ!オマ○コ気持ちいいっ!
 ああっ!逝きそうっ!また逝きそうですっ!」
ミィさんはそう言いながら縛られた身体を硬直させ
ガクガクと震えだしました。

「いいぞ。ホラ、そのまま逝ってみろ…」
私がそう言いながら更に強く突き上げると…
「ああっ!ダメッ!ご主人様、もうダメですっ!
 あおおっ!逝くっ!逝くうっ!」
とミィさんは絶叫しながら全身をビクビクと痙攣させ
背中を丸めるように硬直させながら昇天しました。

そして、脱力してベッドに崩れ落ちると
荒く呼吸しながら茫然自失になりました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4342-9fad00b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック