FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ミィさん

※このお話を最初から読むには『初調教(その1)』まで。

ミィさんは全裸に首輪を嵌められて後ろ手に縛られ、
床に膝をついた状態でベッドに上半身を伏せて
お尻を突き出す格好をさせられました。

そして、お尻をスパンキングされながらオルガスター
振動刺激を受けて最初の絶頂に達し、そのまま続けて
バイブで二度目の絶頂に達しました。

その絶頂時の全身の痙攣と膣の締め上げで、
バイブが根元から折れてしまいました。

私はミィさんをベッドに上がらせてうつ伏せにすると
両脚の膝を折って足首と太股を重ねるように縛り、
その綿紐を背中の結び目に縛り付けて両脚を開き
閉じられないように固定しました。

その上で電マアタッチメントを装着して突端を挿入し
振動刺激を与えながら乗馬鞭でスパンキングしながら
電マの振動刺激で再び昇天して果てました。

最後にミィさんを仰向けにすると縛った足を屈曲させて
コンドームを装着したペニスを挿入しGスポットを責め
彼女を昇天させました。

一度絶頂に達したミィさんはグッタリと脱力して
ハァハァと激しく呼吸しながら呆然としていました。

「ホラ、まだ終わりじゃないだろう…」
私がそう言ってミィさんの頬を軽く平手で叩くと
「あううっ…ごめんなさい…」
と、涙声で力無く答えました。

私はミィさんの両足首を掴むと上に持ち上げるように
屈曲姿勢を取らせ彼女の秘孔が上を向くような姿勢を
取らせました。

そして、彼女の一番奥にあるポルチオに肉槍の先端が
当たるように奥まで押し入っていきました。

「ああっ…奥…奥が…気持ちいい…。
 こんな感じ…初めてです…あうう…」
ミィさんは初めて味わうポルチオを抉られる感覚に
甘美な喘ぎ声を上げました。

「フン、ポルチオ責めは初めてか…。
 もう何度も逝ってるから余計に感じるだろう…」
私はそう言いながらコリコリした固い頸管部を
肉茎の先端で更に回転運動するように刺激しました。

「ああ~グリグリするう…奥が気持ちいい~」
先程までの絶叫とは打って変わってミィさんは
快楽に酔いしれるように甘い声を上げました。

「フン、よし、じゃあもっとグリグリしてやる」
私は彼女の両脚を更に持ち上げて屈曲姿勢をさせると
恥骨を叩き付けるように肉槍を奥へ奥へと
強烈に注挿しました。

「はああっ!ご主人様!奥が気持ちいいっ!
 オマ○コの奥が気持ちいいですっ!
 ああっ!逝きそうです…また逝ってもいいですか…」
ミィさんは押し寄せる新しい快楽の波に飲まれて
そのまま再び絶頂へと昇り詰めていく様子でした。

「おう、いいぞ。そのまま逝け…」
「はい、ご主人様、ありがとうございます…。
 逝きます…あああっ!逝きますっ!ううーっ!」
私が奥を抉るように彼女の深く責め上げると
その快楽で再び彼女は全身を痙攣させて昇天しました。

そして再び脱力してベッドに崩れ落ちると
呆然としたまま動かなくなりました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4343-c9056823
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック