FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マオさん

※このお話を最初から読むには『ブルマ調教(その1)』まで。

**************************************************

前回の調教が終わってから1ヶ月後、私は2回目の調教
マオさんにすることになりました。

この日はマオさんの希望で体操着とブルマのコスプレで
調教することになりました。

私達はホテルにチェックインして最初に風呂に入ると
彼女に体操着とブルマを着るように命じました。
そして、体操着の上から床に座らせ綿紐で後ろ手に縛り
アイマスクを嵌めました。

私はマオさんの正面にあるソファに座ると、首輪を嵌め
リードをつなげて顔を股間に引き寄せ、フェラチオから
イラマチオを強要し、更に乳首を抓り上げました。

そして、次に四つん這いの膝立ちの状態で上半身を
ソファに伏せさせると、ブルマを膝まで下ろして
充分に濡れた彼女の秘所にアタッチメントを装着した
電マを押し当てながらパドルでお尻をスパンキングすると
エクスタシーに達した後、過呼吸に陥りました。

「チッ、またかよ。だらしねぇな…」
私は呟くようにそう言いながら、マオさんの口許に
ビニール袋を押し当てました。
マオさんの呼気がビニール袋を満たして、
それを彼女が吸うことで少しずつ過呼吸が治まり、
彼女が次第に落ち着きを取り戻してきました。

「フン、このヘタレ女」
私が口許にビニール袋を押し当てながら
彼女の後頭部を小突くと…
「ううう…申し訳ございません…ううう…」
と脱力した声で彼女は答えました。

彼女の呼吸が落ち着いたところで、私は彼女の
首輪を掴んで引っ張るとベットに移動しました。

「ぐううう…ううう…」
マオさんは首吊りになるように引きずられながら
ベッドに仰向けに寝かされました。
私は手早く彼女のブルマを剥ぎ取って下半身を
裸にすると、水からのペニスにコンドームを被せて
一気に彼女の中に押し入って行きました。

「はううっ!…あうう…」
マオさんの秘密の花芯は幾度も絶頂を迎えたことで
白く泡だった蜜を大量に吐き出していて、私の肉棒を
何ら抵抗なくすんなり受け入れました。
そして粘膜を抉られる快感に甘い喘ぎ声を上げました。

「ホラッ、何とか言ってみろ…」
私が挿入したまま彼女の横っ面を平手打ちして訊くと
「あううっ…気持ちいいです、ご主人様…ううう…」
と力無い声で答えました。

「じゃあ、どうして欲しいか言ってみろ…」
私が続けて彼女の頬を平手打ちしながら訊ねると
「あううっ、オ、オ、オマ○コの奥を突いて欲しいです」
と呆然としたまま彼女は答えました。

「そうか、マ○コの奥を突いて欲しいか…」
私はそう言いながら彼女の両膝の裏側を掴んで持ち上げ
屈曲姿勢の状態で、彼女の一番奥に肉槍の先端が
突き刺さるように押し込んで行きました。

「ああっ!気持ちいいっ!オマ○コの奥が気持ちいい!」
マオさんはポルチオを抉られることで得られる快楽に
発狂したような嬌声を上げて歓喜しました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4360-0674dc3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。