FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マオさん

※このお話を最初から読むには『ブルマ調教(その1)』まで。

**************************************************

前回の調教が終わってから1ヶ月後、私は2回目の調教
マオさんにすることになりました。

この日はマオさんの希望で体操着とブルマのコスプレで
調教することになりました。

私達はホテルにチェックインして最初に風呂に入ると
彼女に体操着とブルマを着るように命じました。
そして、体操着の上から床に座らせ綿紐で後ろ手に縛り
アイマスクを嵌めました。

私はマオさんの正面にあるソファに座ると、首輪を嵌め
リードをつなげて顔を股間に引き寄せ、フェラチオから
イラマチオを強要し、更に乳首を抓り上げました。

そして、次に四つん這いの膝立ちの状態で上半身を
ソファに伏せさせると、ブルマを膝まで下ろして
充分に濡れた彼女の秘所にアタッチメントを装着した
電マを押し当てながらパドルでお尻をスパンキングすると
エクスタシーに達した後、過呼吸に陥りました。

最後に、マオさんの過呼吸を落ち着かせると
ベッドに仰向けに寝かせてブルマを剥ぎ取り、
屈曲姿勢でコンドームを被せたペニスを挿入し
ポルチオを刺激するように突き上げて
エクスタシーに導きました。

マオさんはポルチオの刺激でエクスタシーに達した後、
ハァハァと激しく呼吸しながら茫然自失のままで
身体をピクピクと震わせていました。

「ホラッ、まだ終わりじゃねぇんだよ」
私はそう言ってマオさんの頬を再び平手打ちして
意識を取り戻させました。

「ううう…申し訳ございません…ご主人様…ううう…」
マオさんは脱力した声でそう答えると呼吸を必死に整え
私の責めに応えようとしていました。

「フフン、もっと逝かせてやるよ…」
私はそう言うと、電マからアタッチメントを取り外し
二人が結合する恥骨の合間に挟み込んで固定したまま
振動スイッチを入れました。

「はううっ!おおうっ!」
マオさんは突然襲ってきた敏感な淫核への振動刺激に
身体を仰け反らせて激しく反応しました。

「ホラッ、もっと喜べよっ!」
私は彼女の興奮を煽るように言いながら腰を前後に
律動させ始めました。

「ああっ!気持ちいいっ!クリと中が気持ちいいっ!」
マオさんは狂ったように顔を激しく左右に振りながら
歓喜の叫び声を上げました。

「ホラッ、気持ちいいだろうがっ!」
私は彼女の敏感な肉芽に電マの振動が強く伝わるよう
グイグイと恥骨を押し当てました。

「ああっ!気持ちいいっ!オマ○コ気持ちいいっ!
 あおおっ!逝くっ!また逝くうっ!おおおーっ!」
マオさんはケダモノのような咆哮を上げながら
全身を硬直させて仰け反らせエクスタシーに達し、
脱力してグッタリと果てて堕ちました。

「ホラッ、まだ逝けるだろう…」
私はそう言いながらマオさんの頬を平手打ちして
失神状態から気付かせると、再び電マを掴んで
グリグリとクリトリスに押し当てながら、腰を前後に
激しくグラインドさせました。

「きゃああっ!ダメぇっ!逝くうっ!また逝くうっ!」
マオさんは狂ったように叫びながら再び絶頂に達し
脱力して果てました。

私は容赦なく電マと腰の律動の同時刺激を繰り返すと
マオさんは何度も発狂したように叫びながら
エクスタシーに達しては果てることを続けました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4362-1747f859
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック