FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マオさん

※このお話を最初から読むには『ブルマ調教(その1)』まで。

**************************************************

前回の調教が終わってから1ヶ月後、私は2回目の調教
マオさんにすることになりました。

この日はマオさんの希望で体操着とブルマのコスプレで
調教することになりました。

私達はホテルにチェックインして最初に風呂に入ると
彼女に体操着とブルマを着るように命じました。
そして、体操着の上から床に座らせ綿紐で後ろ手に縛り
アイマスクを嵌めました。

私はマオさんの正面にあるソファに座ると、首輪を嵌め
リードをつなげて顔を股間に引き寄せ、フェラチオから
イラマチオを強要し、更に乳首を抓り上げました。

そして、次に四つん這いの膝立ちの状態で上半身を
ソファに伏せさせると、ブルマを膝まで下ろして
充分に濡れた彼女の秘所にアタッチメントを装着した
電マを押し当てながらパドルでお尻をスパンキングすると
エクスタシーに達した後、過呼吸に陥りました。

最後に、マオさんの過呼吸を落ち着かせると
ベッドに仰向けに寝かせてブルマを剥ぎ取り、
屈曲姿勢でコンドームを被せたペニスを挿入し
ポルチオを刺激するように突き上げて
エクスタシーに導きました。

「きゃああっ!ダメぇっ!逝くうっ!また逝くうっ!」
マオさんは電マによる淫核刺激と肉槍による膣粘膜への
快楽刺激を同時に受けて、繰り返し絶頂に達しては
果てて堕ちる状態に陥りました。

私がそれでも容赦なく両面攻撃による快楽責めを続けると
マオさんは…
「あおおっ!おおおーっ!あおおっ!」
という言葉にならない咆哮をを上げながら全身を
激しく痙攣させ続けました。
その痙攣に合わせるように膣粘膜がビクビクと
引き攣るように絞め上がるのが感じられました。

その痙攣による締め上げが私の肉棒に絡み付き
私の快楽の爆発を誘うような蠢きに感じられました。

私は自らの欲望を吐き出すように激しく腰を
前後律動させ始めました。
その動きに合わせるようにマオさんも腰を振り
私の興奮を更に煽るように蠢きました。

「おおお…いいぞ…逝きそうだ…」
私はそう言うと更に腰を激しく動かしました。
「ひいいっ!おおうっ!あおうっ!おううっ!」
マオさんは既に言葉を失い、与えられる快楽だけに
没頭するケダモノのようになっていました。

彼女は与えられる膣粘膜の刺激を貪るように
激しく腰を振りながら本能的な快感に
酔い痴れている様子でした。

「おおお…逝くぞ!」
私はそう叫ぶと彼女の中で一気に性欲を爆発させて
欲望の白濁液を放出して果てました。

私もマオさんもハァハァと激しく呼吸しながら
暫くの間、呆然としていました。

そして、私は呼吸を整えると、精液を吐き出した
ペニスを抜いてコンドームを外し、彼女の顔に
跨がるようにして口許に精液と愛液にまみれた
ペニスを押し当てました。

「ホラ…掃除だ…」
私が冷酷な口調でマオさんに促すと…
「ハアハア…失礼します…」
と彼女は顔を持ち上げて、ペニスを口に含んで、
絡み付いた複合的な粘液をキレイに舐め取って
いきました。

私はその様子を見下ろしながら、サディスティックな
満足感に浸ったのでした。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4363-09790b97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック