FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マキさん

※このお話を最初から読むには『首輪調教(その1)』まで。

**************************************************

その日、私達は百貨店で首輪とリードを購入すると
予約してあったホテルに入り、彼女を下着姿にして
首輪を嵌めました。
偶然にも下着が淡いパステルブルーで、購入した首輪
下着が同じ色合いでバランスよく見えました。

私はソファに座ったまま目の前の床に正座する彼女に
フェラチオをするように命じました。
マキさんは平伏して…
「ご主人様、失礼致します…
 オチ○チン、おしゃぶりさせていただきます」
と言ってから私のベルトを外しスラックスの前を開いて
ボクサーブリーフから屹立するペニスを出しました。

「ご主人様、失礼します…」
マキさんはウットリとした表情でそう言いながら
股間に顔を寄せるとペニスを口に含みました。

「何やってるんだよ。違うだろ…」
私はそう言ってマキさんの頭を平手で叩きました。

「ううっ…ごめんなさい…」
マキさんは突然叱られて驚いた様子で私を見上げると
困惑した表情を浮かべました。

「前回ちゃんと教えてやっただろうが…」
「す、すみません…あの…どうすればいいですか…」
マキさんは前回教えたフェラチオの手順を忘れて
頭の中が混乱している様子で動揺の表情を見せました。

「まあ、前回の調教までは処女だったので仕方ないな。
 教えたことはちゃんと一度で覚えろ。
 あと、来る前は前回の調教の内容を復習してからこい。
 そのためにブログに丁寧に書いているんだからな」
私にそう言われてマキさんは消沈した様子で…
「はい、申し訳ございません。以後、気を付けます…」
と答えて俯きました。

「じゃあ、チ○ポの根元を両手で支えて、舌を出して
 下から丁寧に舐め上げろ」
「あ、はい。かしこまりました、ご主人様…」
マキさんは私に言われた通り、肉茎の根元に両手を添え
舌を伸ばして根元から肉棒の筋を舐め上げました。

「もっとヨダレをいっぱい出して舌に絡めて舐めろ」
「はい、かしこまりました、ご主人様…」
マキさんは言われた通りに口内にたっぷり唾液を出し
それを舌にネットリと絡めて再び肉棒を舐め上げました。
生暖かい粘液の感覚が私の粘膜から伝わると
ゾクゾクするような快感が走りました。

「そうだ。そのまま裏だけでなく両横も舐め上げろ」
「はい、かしこまりました、ご主人様…」
マキさんは舐めるたびに口内から唾液を舌に絡め、
何度も肉棒の裏側から、左右の側面も丁寧に
何度も舐め上げました。

「舐め上げる時に舌を左右に動かしてみろ」
「はい、かしこまりました。こうですか…」
マキさんは唾液の絡んだ舌を左右に動かしながら
併せて顔を上下に動かしていきました。
ネットリとした粘液とザラつく舌の表面の味蕾が
肉茎の粘膜に摩擦刺激を与えるたびに
ゾクッとする快感が走りました。

「そうだ、その調子だ。やれば出来るだろう。
 ちゃんと覚えて身につけろよ」
「はい、かしこまりました、ご主人様。
 教えて下さり、ありがとうございます…」
マキさんはそう言って嬉しそうな恥ずかしそうな表情で
私を見上げながらペニスを繰り返し舐め続けました。

私はその表情を見ながら、マキさんの中に
奉仕することで喜ぶホスピタリティ精神を
見出したように感じました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4370-64fc4dd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。