FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マキさん

※このお話を最初から読むには『首輪調教(その1)』まで。

**************************************************

その日、私達は百貨店で首輪とリードを購入すると
予約してあったホテルに入り、彼女を下着姿にして
首輪を嵌めました。

私が座るソファの前の床にマキさんを正座させると、
フェラチオをするように命じました。

マキさんは私に教えられた通りに床に平伏してから
「ご主人様、失礼致します…
 オチ○チン、おしゃぶりさせていただきます」
と言ってから私のベルトを外しスラックスの前を開いて
ボクサーブリーフから屹立するペニスを出し、
ネットリと生暖かい唾液を絡めた舌を差し出して
ゆっくりと根元から先端へ舐め上げていきました。

そして私に促された通りに舌を左右に動かしながら
何度も繰り返し裏筋、側面と舐め上げ続けました。

「フン、ちゃんと思い出してきたか?」
「はい、思い出しました」
「じゃあ次を続けてみろ」
「はい、かしこまりました、ご主人様…」
マキさんは私にそう言われて次のステップへと移りました。

彼女は口の中の唾液を再び舌にいっぱい絡めると、
今度はその舌の腹の部分で肉茎の先端の亀頭を
転がすように舐め始めました。

「おう、ちゃんと覚えてるな…そのまま続けろ…」
「はい、かしこまりました、ご主人様…」
マキさんはダラダラと唾液を口から溢れさせながら
舌を回転運動させて、ネットリと亀頭を舐めました。

「そうだ。先っぽも丁寧に舐めてみろ」
「はい、かしこまりました、ご主人様…」
マキさんは私に命じられると舌の先端を尖らせて
亀頭の先の割れ目に舌を這わせました。

「ホラ、手の動きが止まってるぞ…」
私がそう言ってマキさんの後頭部を小突くと…
「はい、申し訳ございません、ご主人様…」
と彼女は答えて、右手で棹をしごくように上下運動させ
その動きに合わせるように舌を回転運動させました。

「よしよし。いいぞ。次は口に入れてみろ…」
「はい、かしこまりました、ご主人様…」
マキさんは私に命じられた通りに肉茎を口に含み、
大量の唾液を溢れさせた口内で舌を左右に動かし、
私の肉茎の先端を刺激し続けました。

「もっと吸え…」
「んふっ…ふぁい(はい)…ほうれふは(こうですか)」
マキさんは唇を窄めて肉茎に密着させると
舌の腹を肉茎に押し付けながら顔を上下に
動かし続けました。

「そうだ。もっと吸いながら口の中で舌を動かせ…」
「んふっ…ふぁい(はい)…ほうれふは(こうですか)…」
マキさんは更に唇を窄めてバキュームのように吸いながら
舌を更に左右に動かしつつ鬼頭からカリの部分を
舐め続けていきました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4371-1a40e837
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック