FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マキさん

※このお話を最初から読むには『首輪調教(その1)』まで。

**************************************************

その日、私達は百貨店で首輪とリードを購入すると
予約してあったホテルに入り、彼女を下着姿にして
首輪を嵌めました。

私が座るソファの前の床にマキさんを正座させると、
フェラチオをするように命じました。

マキさんは私に教えられた通りに床に平伏してから
「ご主人様、失礼致します…
 オチ○チン、おしゃぶりさせていただきます」
と言ってから私のベルトを外しスラックスの前を開いて
ボクサーブリーフから屹立するペニスを出し、
ネットリと生暖かい唾液を絡めた舌を差し出して
ゆっくりと根元から先端へ舐め上げていきました。

そして私に促された通りに舌を左右に動かしながら
何度も繰り返し裏筋、側面と舐め上げ続けました。

「よし、そのまま強く吸いながら舌を左右に動かせ」
「ふぁい(はい)…」
マキさんは上目遣いにそう答えて、バキュームのように
唇を窄めてペニスを吸いながら顔を上下に動かしました。

私は目の前で跪いたマキさんのブラに両手を滑り込ませ
既に興奮で硬くなっていた乳首を指先で転がしました。

「んふっ…んふんっ…」
突然の快感にマキさんは腰をくねらせながら
甘い吐息を吐いて喘ぎました。

「ホラ、手を抜くんじゃねぇよ…」
私は淡々と叱りながらマキさんの乳首を抓り上げました。

「んんっ…んふうっ…」
快感から一転しての苦痛刺激でマキさんは悲鳴に似た
喘ぎ声を上げました。

「ホラ、手を抜かずにしゃぶるんだよ」
私は容赦なくマキさんの乳首をグイグイと抓り上げると
「ふぁい、ほへんははい(はい、ごめんなさい)…」
と彼女は答えて、再び顔を上下運動させ始めました。

「ホラ、もっと吸え。口の中で舌も動かせ…」
私はそう命じるたびに乳首に強烈な痛みを与えました。

「んふうっ!ふぁい(はい)…んふっ…んふうっ…」
マキさんは繰り返し与えられる乳首への痛みを受け
罰に反応するように口唇奉仕を続けました。

じゅるっ、じゅるっと唾液を吸い上げる音を上げながら
顔を上下させ、その口の中で舌を肉茎に押し付けて
左右に動かしながら私の粘膜を刺激し続けました。

私は続いて右手で乳首を抓り上げたまま、
左手で彼女の髪を掴むと顔を更に激しく上下させ
肉茎を彼女の喉奥まで押し込みました。

「ぐえっ!ぐふっ!うぐうっ!」
マキさんは喉奥を肉棒で抉られる感覚を与えられて
苦悶の呻き声を上げました。
そして、耐え切れなくなって口からダラダラと
唾液を溢れさせ始めました。

「ホラ、ちゃんと吸うんだよ」
私はそう言いながら乳首をグイグイと抓り上げたまま
左手で顔を抑え付け肉棒を更に奥に押し込みました。

「ぐうっ!ぐえっ!ぐぼおっ!」
マキさんは言葉にならない呻き声を漏らしながら
必死に乳首の痛みと喉奥の苦しみに耐えていました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4372-02aa372c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。