FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マキさん

※このお話を最初から読むには『首輪調教(その1)』まで。

**************************************************

その日、私達は百貨店で首輪とリードを購入すると
予約してあったホテルに入り、彼女を下着姿にして
首輪を嵌めました。

私が座るソファの前の床にマキさんを正座させると、
フェラチオをするように命じました。
マキさんは私に教えられた通りに平伏して挨拶してから
ゆっくりとフェラチオし、その後、乳首を責められながら
イラマチオを強要されました。

次に、私は立ち上がってマキさんをソファに座らせると
綿紐でM字に開脚した状態でソファに固定して、
アイマスクギャグボールを嵌めました。

その状態のまま、マキさんの乳首に木製の洗濯バサミ
噛み付かせて、引っ張ったり指で弾いたりして、
彼女の乳首に苦痛刺激を与えました。

マキさんは悲鳴に近い呻きと喘ぎを上げながら、
身体を震わせて痛みに耐えている様子でした。

私は次に乗馬鞭を取り出すと、の先端で洗濯バサミ
グリグリと転がすように動かしました。

「ぐうう…むぐう…うぐう…」
によって洗濯バサミが上下左右に動くたびに、
マキさんの乳首に食い込んで彼女に苦痛が伝わり
その都度悶絶するように悲鳴を上げました。

「ホラ、痛いか、嬉しいだろうが…」
「ううう…むぐう…ううう…」
マキさんは苦痛に顔を歪めながら呻き声を漏らし
何度も強く頷いていました。

「フン、痛くて嬉しいのか、この変態マゾ女…」
私はそう言いながら乗馬鞭で乳首周辺の乳房も
ピシピシと叩きました。

「はううっ!おおうっ!おううっ!」
マキさんは悲鳴を上げながら身体を丸めるように
硬直させながらビクビクと震わせ続けました。

「ホラ、じゃあもっと喜べよっ!」
私はそういうとマキさんの乳首に噛み付いている
洗濯バサミ乗馬鞭で振り落としました。

「はぐうっ!」
乳首を洗濯バサミに食いちぎられるような痛みと
乗馬鞭に叩かれる痛みとで、マキさんは絶叫を
上げて悶絶しました。

「フフフ…、嬉しいだろう…」
私はそう言いながら床に振り落とされて転がっている
洗濯バサミを拾い上げて、再び彼女の乳首に
噛み付かせました。

「ああーっ!おううっ!あおおっ!」
マキさんは弱り切った乳首の粘膜に再び苦痛を
与えられたことで悲鳴を上げました。

私はその姿を見つめながら容赦なく、再び乗馬鞭
洗濯バサミを叩き落としました。

「ぎゃああっ!」
マキさんは与えられる苦痛と恐怖とでブルブルと震え
身体を丸めて必死に痛みに耐えている様子でした。

「なんだよ、まだ耐えられるだろう」
私はそう言って冷たく笑いながら、再び乳首に
洗濯バサミを噛ませて鞭で叩き落としました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4374-9c373110
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック