FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マキさん

※このお話を最初から読むには『首輪調教(その1)』まで。

**************************************************

その日、私達は百貨店で首輪とリードを購入すると
予約してあったホテルに入り、彼女を下着姿にして
首輪を嵌めました。

私が座るソファの前の床にマキさんを正座させると、
フェラチオをするように命じました。
マキさんは私に教えられた通りに平伏して挨拶してから
ゆっくりとフェラチオし、その後、乳首を責められながら
イラマチオを強要されました。

次に、私は立ち上がってマキさんをソファに座らせると
綿紐でM字に開脚した状態でソファに固定して、
アイマスクギャグボールを嵌めました。

その状態のまま、マキさんの乳首に木製の洗濯バサミ
噛み付かせて、引っ張ったり指で弾いたり苦痛を与え、
最後には乗馬鞭洗濯バサミを払い落としました。

マキさんは乳首を食いちぎられるような痛みに悶絶し
身体を震わせて痛みに耐えている様子でした。

「ホラ、何とか言ってみろよ…」
私は冷酷な口調で訊ねながら、マキさんの乳首を
乗馬鞭の先端でピシピシと軽く叩きました。

「ひいい…いはいえふ(痛いです)…」
マキさんは涙交じりの声で必死に痛みを訴えました。

「ホラ、そういう時は何て言うんだよ、あん?」
私は更に非常な口調で言いながらマキさんの乳首を
更に強く乗馬鞭で叩き続けました。

「ひいいっ!うえひいえふ(嬉しいです)…うううっ」
マキさんは悲鳴にも似た声でそう必死に答えました。

「フフン、嬉しいならもっとだな…」
私は嘲り笑いなら再び洗濯バサミをマキさんの乳首に
噛みつかせて乗馬鞭で何度も叩き続けました。

洗濯バサミ乗馬鞭に叩かれて揺れるたびに、
マキさんの乳首は捻られ引っ張られて、
粘膜に疼くような苦痛を与え続けました。

「あううっ!はううっ!むぐうっ!」
マキさんはギャグボールを嵌められた状態で言葉を
発することが必死に呻き声を上げながら身悶えしました。

「ホラッ、もっと喜べ…」
私はそう言いながら再び乗馬鞭洗濯バサミ
叩き落としました。

「はおおっ!」
マキさんは再び絶叫すると身体を丸めながら震わせて
必死に痛みに耐えている様子でした。

「ホラッ、言うことがあるだろうが!」
私がそう言ってマキさんのお尻を乗馬鞭で叩いて
言葉を促すと、ビシッという皮膚の弾ける音と共に
「はううっ!うえひいえふ(嬉しいです)」
とマキさんは歓喜の絶叫を上げました。

「嬉しいか、変態マゾ女」
私が彼女のお尻から秘所にかけて乗馬鞭で叩きながら
訊ねると…
「うううっ…ふぁい、うえひいえふ(はい、嬉しいです)」
と声を震わせながら彼女は答えました。

「フン、もっとして欲しいか…」
「ふぁい、ほっほおへはいひはふ(はい、もっとお願いします)」
「フフン、そうか、じゃあもっとだな…」
私は彼女の言葉を確認すると、再び洗濯バサミを乳首に
噛ませてから乗馬鞭で叩き落とすことを繰り返しました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4375-63907d61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。