FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マキさん

※このお話を最初から読むには『首輪調教(その1)』まで。

**************************************************

その日、私達は百貨店で首輪とリードを購入すると
予約してあったホテルに入り、彼女を下着姿にして
首輪を嵌めました。

私が座るソファの前の床にマキさんを正座させると、
フェラチオをするように命じました。
マキさんは私に教えられた通りに平伏して挨拶してから
ゆっくりとフェラチオし、その後、乳首を責められながら
イラマチオを強要されました。

次に、私は立ち上がってマキさんをソファに座らせると
綿紐でM字に開脚した状態でソファに固定して、
アイマスクギャグボールを嵌めました。

その状態のまま、マキさんの乳首に木製の洗濯バサミ
噛み付かせて、引っ張ったり指で弾いたり苦痛を与え、
最後には乗馬鞭洗濯バサミを払い落とし、更に、
彼女の秘所を乗馬鞭で叩きました。

マキさんは乳首と秘部への苦痛刺激で充分に愛液を
分泌させていたので、私はそのまま彼女のヴァギナに
人差し指を押し込んで中の膣粘膜を激しく掻き回し、
親指でクリトリスを刺激しました。
マキさんは直接の快楽刺激と乳首への苦痛刺激とで
最初のエクスタシーに達しました。

「フン、簡単に逝きやがって…」
「ううう…ほへんははい(ゴメンナサイ)…ううう」
私は嘲り笑いながらマキさんにそう言うと、
今度は中指も彼女の中に押し込んでいきました。

「あううっ!はおうっ!あおおっ!」
マキさんは狭い粘膜道を無理矢理押し広げられる
感覚に背中を仰け反らせて悲鳴を上げました。

「オラッ、もっと力を抜けっ!」
私がそう言いながら乳首にぶら下がる洗濯バサミ
ギュッと抓り上げると…
「ひいいっ!ほへんははい(ごめんなさい)」
とマキさんは悲鳴を上げました。

私はそのまま中指を一番奥まで押し込んで
ポルチオを抉るように動かし、人差し指は曲げて
Gスポットに当たるように指を動かしました。

「ひいいっ!いいっ!ひほひいい(気持ちいい)」
マキさんは顔を仰け反らせながら自分の下腹部内の
快楽刺激にのたうち回りました。

「フン、気持ちいいか、オラッ!」
「あおうっ!いいえふ(いいです)!おおおっ!
 おあんおひほひいいえふ(オマ○コ気持ちいいです)」
マキさんはそう言いながら脚を痙攣させたように
ビクビクと震わせました。

「ホラ、もっと喜べよ…」
私は彼女の中の二本指を激しく抽挿運動させながら
親指でプックリと充血して膨らんで顔を出した
淫核を押し潰すように刺激しました。

「ひいいっ!おうっ!ひぐうっ(逝くうっ)!」
マキさんはそう絶叫すると口から唾液を垂らしながら
全身をビクビクと痙攣させてオルガスムスへと
一気に昇り詰めて果てました。

ほんの1ヶ月前まではまったく男性経験のなかった
彼女が簡単に快楽の頂点に達するようになりました。

「まだ終わってねぇぞ。もっと逝けるだろう」
私はそう言いながら彼女の下腹部内にある右手を
再び激しく動かしながら、左手では乳首に噛みつく
洗濯バサミをグイグイとひねり上げました。

「はううっ!おおおっ!ひぐうっ(逝くうっ)!
 あおおおっ!はがひぐうっ(また逝くうっ)!」
マキさんは絶叫しながら連続絶頂に達すると
再びガクンと脱力してグッタリと果てました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4378-c6360d97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック