FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マキさん

※このお話を最初から読むには『首輪調教(その1)』まで。

**************************************************

その日、私達は百貨店で首輪とリードを購入すると
予約してあったホテルに入り、彼女を下着姿にして
首輪を嵌めました。

私が座るソファの前の床にマキさんを正座させると、
フェラチオをするように命じました。
マキさんは私に教えられた通りに平伏して挨拶してから
ゆっくりとフェラチオし、その後、乳首を責められながら
イラマチオを強要されました。

次に、私は立ち上がってマキさんをソファに座らせると
綿紐でM字に開脚した状態でソファに固定して、
アイマスクギャグボールを嵌めました。

その状態のまま、マキさんの乳首に木製の洗濯バサミ
噛み付かせて、引っ張ったり指で弾いたり苦痛を与え、
最後には乗馬鞭洗濯バサミを払い落とし、更に、
彼女の秘所を乗馬鞭で叩きました。

マキさんは乳首と秘部への苦痛刺激で充分に愛液を
分泌させていたので、私はそのまま彼女のヴァギナに
人差し指を押し込んで中の膣粘膜を激しく掻き回し、
連続エクスタシーを与えました。

そして続けてアタッチメントを装着した電マを宛がい
彼女のGスポットとクリトリスに振動刺激を与えながら
乗馬鞭で鞭打ちを与え、快楽刺激と苦痛刺激とで
エクスタシーを与えました。

何度も絶頂に達してグッタリと脱力したまま
ソファに縛り付けられてハァハァと激しく呼吸する
マキさんの様子を見ながら…
(そろそろいい頃合いだろう…)
と感じた私は、素早くペニスにコンドームを被せ、
マキさんの両膝を掴んでM字開脚のまま屈曲姿勢を取らせ、
上から覆い被さるような体位で、ペニスを彼女のヴァギナに
押し込んでいきました。

「あおおうっ!」
マキさんは充分に雌蜜で潤った粘膜を押し広げられ
肉棒と粘膜が擦れる感覚に甘美な喘ぎ声を上げました。

私はマキさんのその快楽の反応を見ながら、
更に奥へ奥へと肉棒を押し込んでいきました。

「おおおっ!ひおひいい(気持ちいい)!
 おあんおひおひいい(オマ○コ気持ちいい)!」
マキさんは再び押し寄せる快楽に歓喜の声を上げました。

「オラ、気持ちいいか、あん?」
私はそう言いながら彼女の秘唇に恥骨を当てるように
グイグイと腰を押し付けました。
そして、彼女のポルチオを探すようにペニスを動かし
彼女の秘孔の一番奥の感じる部分を責め立てました。

「あぐうっ!ひおひいいえふ(気持ちいいです)!
 おあんおおおふあいいえふ(オマ○コの奥がいいです)
 あおおっ!おふあひおひいい(奥が気持ちいい)!」
マキさんは肉槍でポルチオを激しく突き立てられ
何度も首を振りながら発狂したように叫びました。

「ホラ、奥がいいのか、この淫乱女」
「ふぁい、おふはひいれふ(はい、奥がいいです)」
「フン、この前まで処女だったくせに中が感じるのか」
「ふぁい、らかあいいれふ(はい、中がいいです)」
「フン、お前の身体は根っからの淫乱にできてるんだな」
「ふぁい、わらひはいんらんれふ(はい、私は淫乱です)
 おううっ!もうらめ、いきはぐ(もうダメ、逝きます)」
マキさんはそう言うと身体をガクガクと震わせながら
再び全身を痙攣させました。

そして口からは唾液を垂らしながら全身を収縮させると
ガックリと弛緩して果てました。

私はその激しいオルガスムスの様子を見つめながら
彼女の女性としての快楽を受容する感度の高さを
強く感じました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4381-b765e62e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック