FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マキさん

※このお話を最初から読むには『首輪調教(その1)』まで。

**************************************************

その日、私達は百貨店で首輪とリードを購入すると
予約してあったホテルに入り、彼女を下着姿にして
首輪を嵌めました。

私が座るソファの前の床にマキさんを正座させると、
フェラチオをするように命じました。
マキさんは私に教えられた通りに平伏して挨拶してから
ゆっくりとフェラチオし、その後、乳首を責められながら
イラマチオを強要されました。

次に、私は立ち上がってマキさんをソファに座らせると
綿紐でM字に開脚した状態でソファに固定して、
アイマスクギャグボールを嵌めました。

その状態のまま、マキさんの乳首に木製の洗濯バサミ
噛み付かせて、引っ張ったり指で弾いたり苦痛を与え、
最後には乗馬鞭洗濯バサミを払い落とし、更に、
彼女の秘所を乗馬鞭で叩きました。

マキさんは乳首と秘部への苦痛刺激で充分に愛液を
分泌させていたので、私はそのまま彼女のヴァギナに
人差し指を押し込んで中の膣粘膜を激しく掻き回し、
連続エクスタシーを与えました。

そして続けてアタッチメントを装着した電マを押し込み
乗馬鞭で鞭打ちしてエクスタシーを与えました。

その後、コンドームを被せたペニスを屈曲位で挿入し
ポルチオを抉るように刺激しながら逝かせました。

「何だよ、もう終わりか、あん?」
私がそう言いながらマキさんの頭を小突くと…
「ううっ、ほへんははい(ごめんなさい)…」
と脱力した声で彼女は答えました。

「ホラ、どうして欲しいのか言ってみろよ」
私が再びマキさんの頭を小突いて促すと…
「ほっほいひへへくらはい(もっと苛めて下さい)」
と涙交じりの力無い声で彼女は答えました。

「あん?もっと苛められたいのか?」
「うう…ふぁい、おえあいひあふ(はい、お願いします)
 おあんおいひへへくらはい(オマ○コ苛めて下さい)」
「フフン、苛められて嬉しいのか、変態マゾ女…」
「ふぁい、うえひいえふ(はい、嬉しいです)…
 ほっほいひへられはいれふ(もっと苛められたいです)」
マキさんは私の質問に素直にマゾヒスティックな
答えを出しました。

「フン、じゃあもっと喜べよ…」
私は再びマキさんの膝を掴んで両脚を大きく開くと
再び恥骨を彼女の肉唇に叩き付けるように
激しく前後律動させ始めました。

「ああっ!おおっ!ひおひいい(気持ちいい)
 あおおっ!ひおひいい(気持ちいい)!
 あいあほうほはいはふ(ありがとうございます)
 おあんおいひへあえへうえひいえふ
 (オマ○コ苛められて嬉しいです)
 おあんおおおふひおひいい(オマ○コの奥気持ちいい)」
マキさんは再び秘芯の奥を肉槍で貫かれて
激しい歓喜の声を上げ続けました。

「ホラ、もっと苛めてやるから喜べよっ!」
私はそう言いながら再び乳首に噛みついた洗濯バサミ
グイグイとひねり上げました。

「ひいいっ!いいっ!ひもひいい(気持ちいい)!
 いあいおひもひいい(痛いの気持ちいい)!
 おおっ!ほっほいひへへくらはい(もっと苛めて下さい)
 ほっほいらくひへくらはい(もっと痛くして下さい)」
マキさんは発狂したように叫びながら全身をくねらせ
襲い来る苦痛と快楽の波に飲み込まれていきました。

「ホラッ!逝けっ!」
私は握力の限りに洗濯バサミをひねり上げながら
膣奥へと肉棒を突き立てると…
「あごうっ!ひぐうっ(逝くうっ)!」
と、マキさんは断末魔のような呻き声を上げながら
全身を痙攣させて絶頂に昇り詰めて果てたのでした。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4382-90d4115c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。