FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マキさん

※このお話を最初から読むには『首輪調教(その1)』まで。

**************************************************

その日、私達は百貨店で首輪とリードを購入すると
予約してあったホテルに入り、彼女を下着姿にして
首輪を嵌めました。

私が座るソファの前の床にマキさんを正座させると、
フェラチオをするように命じました。
マキさんは私に教えられた通りに平伏して挨拶してから
ゆっくりとフェラチオし、その後、乳首を責められながら
イラマチオを強要されました。

次に、私は立ち上がってマキさんをソファに座らせると
綿紐でM字に開脚した状態でソファに固定して、
アイマスクギャグボールを嵌めました。

その状態のまま、マキさんの乳首に木製の洗濯バサミ
噛み付かせて、引っ張ったり指で弾いたり苦痛を与え、
最後には乗馬鞭洗濯バサミを払い落とし、更に、
彼女の秘所を乗馬鞭で叩きました。

マキさんは乳首と秘部への苦痛刺激で充分に愛液を
分泌させていたので、私はそのまま彼女のヴァギナに
人差し指を押し込んで中の膣粘膜を激しく掻き回し、
連続エクスタシーを与えました。

そして続けてアタッチメントを装着した電マを押し込み
乗馬鞭で鞭打ちしてエクスタシーを与えました。

その後、コンドームを被せたペニスを屈曲位で挿入し
ポルチオを抉るように刺激しながら逝かせました。

「フン、こんなに簡単に逝きやがって…。
 つい先日まで処女だったクセに…」
私がマキさんにそう言っても彼女はハァハァと
荒く呼吸しながらよだれを垂らして呆然としていました。

「ホラ、何とか言えよ!」
私は彼女のお尻を平手打ちして意識を取り戻させ
強い口調で言葉を促しました。

「ふぁい、ほへんあはい(はい、ごめんなさい)」
「お前は淫乱なんだろう」
「ふぁい、わらひはいんらんれふ(はい、私は淫乱です)」
マキさんは何度も絶頂を迎えた後らしくく荒い呼吸のまま
力無く答えました。

「痛くされると嬉しいか?」
私がそう訊ねながら再びお尻を平手打ちすると…
「あううっ!うえひいえふ(嬉しいです)!」
と彼女は叫ぶように答えました。

私は彼女の反応を確かめながら繰り返しお尻を叩きつつ
再び言葉を促すように訊ねました。
「フン、ケツ叩かれて嬉しいか、この変態マゾ女」
「ううっ、ふぁい、うえひいえふ(はい、嬉しいです)」
「じゃあ、どうして欲しいか言ってみろ」
「おひいおははいへふらはい(お尻を叩いて下さい)」
「フン、ケツをもっと叩かれたいのか、変態マゾ女」
「ふぁい、ははかへはいれふ(はい、叩かれたいです)
 わらひはへんはいれふ(私は変態です)
 ほっほははいへくあはい(もっと叩いて下さい)」
お尻を平手打ちされてパーンという皮膚の音と共に
マキさんは私の言葉に対する答えを返しました。

「じゃあ、もっと喜べよ、変態マゾ女!」
私はそう言うとお尻を平手打ちしながら腰を動かし
肉茎を前後に抽挿律動させ始めました。

「あううっ!ひいいっ!おううっ!」
マキさんは膣内の粘膜を乱暴に抉られる快楽と
お尻を叩かれる苦痛とで喘ぎと悲鳴を交互に上げました。

「ホラ、言うことがあるだろうが!」
私の強烈な平手打ちをお尻に受けると…
「ひいいっ!うえひいえふ(嬉しいです)!」
とマキさんは絶叫しました。

「ホラ、嬉しいのか、変態マゾ女!」
「ひっ!うえひいえふ(嬉しいです)!あおおっ!
 わらひはへんはいれふ(私は変態です)おおっ!
 ほっほははいへくあはい(もっと叩いて下さい)!」
マキさんは与えられる快楽と苦痛の混合刺激を受けて
更に強い刺激を求めるように叫びました。

「ほら、もっと喜べ、変態マゾ女!」
「ひいいっ!ひもひいい(気持ちいい)!
 おあんおほおひいがひもひいいれふ
 (オマ○コとお尻が気持ちいい)
 おおおっ!ひぎほうれふ(逝きそうです)
 あおおっ!ひぐうっ(逝くうっ)!」
マキさんは苦痛を快楽に変換させることで、
膣粘膜とポルチオへの快楽刺激を倍増させながら、
断末魔のような絶叫を上げて全身を痙攣させ、
再び絶頂に達して果てたのでした。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4383-0218a611
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック