FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ミィさん

※このお話を最初から読むには『制服調教(その1)』まで。

**************************************************

ミィさんの2回目の調教は、彼女の高校時代の制服姿で
行うこととなりました。

当日、私達はホテルに入ると、まずミィさんに
ブラジャーを着けずに制服を着るように命じました。
彼女は私の目の前で着替えることに躊躇していましたが
私の態度に諦めた様子で私の見ている前で着替えました。

そして、彼女を床に座らせると、両手を後ろに組ませ
上半身を綿紐で胸が強調されるように縛りました。
更に首輪を嵌め、チェーンリードを引いてベッドに
上がらせて、うつ伏せで両脚を大きく開いた格好で
寝かせました。

私は彼女の左側に立って彼女を見下ろすと
乗馬鞭を手に取って、彼女のスカートの上から
お尻を軽く叩きました。

乗馬鞭の先端の平たい部分が制服のスカートを叩くと
パシパシという布の低い音が響きました。

「あううっ…」
スパンキングの経験の少ないミィさんは驚きと苦痛で
低い呻き声を上げました。

「なんだよ、何か不満か?」
私が淡々とした口調でミィさんにそう訊ねると…
「いいえ、何でもありません、ご主人様…」
と申し訳なさそうに彼女は答えました。

私はその答えを聞いて、再びスカートの上から
彼女のお尻を乗馬鞭で打ち据えました。
バシバシという布の鈍い音が響くのに合わせるように
「あうっ、くうっ、いっ、いたっ…うううっ」
と、ミィさんは言葉を飲み込むように耐えていました。

「フン、この程度で痛いのかよ。まだ服の上からだぞ」
私はそう言いながらミィさんのお尻をグリグリと
踏み付けました。

「ううう…申し訳ございません、ご主人様…ううう…」
ミィさんは突然踏み付けられた驚きと屈辱とで
驚いたように答えました。

「ほら、お前の望みは何だ?言ってみろ…」
「ううう…ご主人様の理想の奴隷になることです…」
「この程度で痛がっていたら理想には程遠いぞ」
「ううう…申し訳ございません…ううう…」
私にお尻を嬲られるように踏み付けられながら
ミィさんは力無くそう答えました。

私は容赦なく再びスカートの上から乗馬鞭
振り下ろしました。
バシッ、バシッという布の鈍い打撃音と共に…
「あうっ、おおうっ、はううっ、いっ、ううっ」
と、彼女は歯を食いしばるように苦痛の言葉を
飲み込んで耐えていました。

「フン、そうだ、我慢できるじゃねぇかよ」
「ううう…はい、ご主人様…ううう…」

私はミィさんが必死に痛みに耐えている様子を見ながら
乗馬鞭の先端でスカートを捲ってショーツを露出させ
更に強い刺激を与えることにしました。

私がコットンのショーツの上から乗馬鞭で叩くと
バシッという皮膚の弾ける打撃音が響きました。
「あううっ!」
ミィさんはスカートというクッションの入った時の
何倍も強烈な直接的な衝撃を受けて悲鳴を上げました。

私はそれでも容赦なく繰り返し乗馬鞭で打ち据えました。
「ひいっ!いっ!痛いっ!痛いっ!」
ミィさんは耐えきれずに苦痛の悲鳴を上げました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4389-4fc74e70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック