FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ミィさん

※このお話を最初から読むには『制服調教(その1)』まで。

**************************************************

ミィさんの2回目の調教は、彼女の高校時代の制服姿で
行うこととなりました。

当日、私達はホテルに入ると、まずミィさんに
ブラジャーを着けずに制服を着るように命じました。
彼女は私の目の前で着替えることに躊躇していましたが
私の態度に諦めた様子で私の見ている前で着替えました。

そして、彼女を床に座らせると、両手を後ろに組ませ
上半身を綿紐で胸が強調されるように縛りました。
更に首輪を嵌め、チェーンリードを引いてベッドに
上がらせて、うつ伏せで両脚を大きく開いた格好で
寝かせました。

私は彼女の左側に立って彼女を見下ろすと
乗馬鞭で彼女のお尻をショーツの上から叩きました。
「ひいっ!い、痛いっ!痛いっ!」
「息を止めずにゆっくり吐いて痛みを逃がせ」
私はミィさんに痛みに耐える方法を教え込みました。

「ご主人様、ありがとうございます、嬉しいです…」
ミィさんが教えられた通りに答える様子を聞いて
私は更に激しく何度も乗馬鞭で打ち据えました。

次に、私はミィさんのお尻を包むショーツをゆっくりと
脱がせていきました。
ミィさんは緊縛打ちによるマゾヒスティックな刺激で
既に大量の雌蜜を無毛の花芯の奥から溢れださせ
室内に特有の芳香を放ちました。

「フフン、縛られてケツを叩かれて濡らしてるじゃねぇか」
私はミィさんを貶めるように言いながら、再び彼女の
爛れた臀部の皮膚をグリグリと踏みにじりました。

「あううっ!ごめんなさい、ご主人様…」
ミィさんは赤紫色に変色した皮膚に染み入る様な
強い痛みを感じて涙声で力なく答えました。

「縛られて叩かれて悦んでるのか、変態女!」
私は容赦なくグリグリと彼女の爛れて弱まった皮膚を
強く踏みにじり続けました。

「ひいっ!はい、ごめんなさい、ご主人様…
 私は縛られて叩かれて喜ぶ変態です!」
ミィさんは強烈な痛みを感じると悲鳴のような声で
そう答えながら身体を仰け反らせました。

「フン、変態女め…。じゃあもっと喜べっ!」
私はそう言うと彼女のお尻を踏みつけたまま、
無毛で防備のない粘膜の花弁を乗馬鞭
打ち据えました。

「あううっ!くうっ…ううっ…うううっ…」
ミィさんは唇を噛んで声を押し殺して耐えながら
私から教えられた通りに息をゆっくり吐き続けて
痛みを逃がしていきました。

「ホラ、何とか言ってみろよ…」
私が再びお尻をグリグリと踏みにじりながら訊くと
「ううう…嬉しいです、ご主人様…ううう…
 ありがとうございます、ご主人様…ううう…」
と涙声で必死に彼女は答えました。

「フフン、変態女はマ○コ叩かれて悦ぶのか、あん?」
私はミィさんを嘲り笑いながら繰り返し花芯を乗馬鞭
ビシビシと叩き続けました。

「あううっ!嬉しいっ!ご主人様、嬉しいですっ!
 ああっ!ありがとうございます、ご主人様っ!ああっ!」
ミィさんは苦痛に絶叫しながらも、彼女の花芯は
叩かれるほどの充血して赤みを増していき、
更にダラダラと粘液を涎のように垂らしました。

「フフフ…叩くほどマ○コ汁が溢れてくるぞ…
 叩かれて痛いのがそんなに嬉しいか、この変態女…」
「ああ…はい、嬉しいです、ご主人様…あううっ…
 もっと叩いて下さい…。もっと虐めて下さい…」
「フフン、叩かれて虐められて嬉しいのか、変態女」
「あううっ、はい、嬉しいです、ご主人様…ううう…
 叩かれて、虐められて、嬉しいです…
 痛いことをされて気持ちよくてオマ○コを濡らす変態です」
ミィさんは自らのマゾヒスティックな興奮を認めるかのように
更なる激しい苦痛刺激を求めました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4392-5c0a6d5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。