FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ミィさん

※このお話を最初から読むには『制服調教(その1)』まで。

**************************************************

ミィさんの2回目の調教は、彼女の高校時代の制服姿で
行うこととなりました。

当日、私達はホテルに入ると、まずミィさんに
ブラジャーを着けずに制服を着させると
彼女をソファに座る私の目の前の床に正座させました。
そして、両手を後ろに組ませ上半身を綿紐で胸が
強調されるように縛り、首輪を嵌め、チェーンリードを
引いてベッドにうつ伏せで両脚を開いて寝かせました。

私は彼女の左側に立って彼女を見下ろすと
乗馬鞭で彼女のお尻をショーツの上から叩きました。

「ご主人様、ありがとうございます、嬉しいです…」
ミィさんが教えられた通りに答える様子を聞いて
私はお尻と陰唇を乗馬鞭で打ち据えました。

乗馬鞭の苦痛を深い呼吸で逃がし、快楽に変換すると
彼女のヴァギナから大量の愛液が溢れ出てきました。
私はアタッチメントを装着した電マを挿入すると、
振動させながら彼女の膣内とクリトリスを同時に刺激して
エクスタシーへと導きました。

私は次にアナルビーズを取り出すと、絶頂に達した後で
弛緩した彼女のアナルに押し込んでいきました。

「ひやあっ!」
ミィさんは禁断の門に押し込まれるシリコンの異物の
初めての感触に飛び上がる様な驚きの声を上げました。

「ホラ、ケツに力を入れるなよ…」
私がそう言って、真っ赤に爛れた臀丘の皮膚を叩くと…
「ひっ!ごめんなさい、ご主人様…」
と、泣くような声で答えて括約筋を弛緩させました。

「そうだ、力を入れると痛くなるからな…」
「はい、ごめんなさい、ご主人様…」
ミィさんは私に言われて下半身の力を抜いて、
シリコンボールが押し込まれるたびに…
「うっ…ううっ…あううっ…」
という力の抜けた呻き声を上げました。

アナルビーズを一番奥まで押し込むと私は再び
彼女の左側に立って、振動する電マを足先で
グイグイと秘所に押し付けました。

「あっ!ああっ!気持ちいいっ!ああーっ!」
ミィさんは再び歓喜の絶叫を上げました。
「あん?気持ちいいのか?」
「ああっ!はいっ!気持ちいいですっ!あああっ!
 オマ○コが気持ちいいですっ!あああっ!」
ミィさんは激しい歓喜の声を発しながら
背中を仰け反らせました。

「ホラ、こっちも気持ちいいだろうが…」
私はそう言いながら肛門から飛び出したアナルビーズ
ツマミの部分を乗馬で叩いて、窄まった括約筋を
強く刺激しました。

「はううっ!ああっ!いやあっ!ああーっ!」
ミィさんは膣粘膜とクリトリスへの快楽刺激と
アナルへの悪寒を感じる様な屈辱的な刺激を受けて
悲鳴のような嬌声を上げました。

「なんだよ、いやなのか?あん?」
私は冷酷な口調でそう言いながら、乗馬
アナルビーズをビシビシと叩き続け、同時に電マ
花芯全体を刺激し続けました。

「ひいいっ!いいっ!ああっ!気持ちいいっ!」
「あん?気持ちいいのか?」
「あううっ!はい、気持ちいいですっ!あおおっ!」
「じゃあ、ちゃんと言ってみろ…」
「あううっ!オマ○コとアナルが気持ちいいですっ!
 ああっ!ご主人様、また逝きそうですっ!逝きますっ!」
ミィさんは複穴を同時に攻撃されて気も狂わんばかりに
激しく絶叫しながら、再び快楽の絶頂に昇り詰めて
果てて崩れ落ちました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4394-80ad3001
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック