FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ミィさん

※このお話を最初から読むには『制服調教(その1)』まで。

**************************************************

ミィさんの2回目の調教は、彼女の高校時代の制服姿で
行うこととなりました。

当日、私達はホテルに入ると、まずミィさんに
ブラジャーを着けずに制服を着させると
彼女をソファに座る私の目の前の床に正座させました。
そして、両手を後ろに組ませ上半身を綿紐で胸が
強調されるように縛り、首輪を嵌め、チェーンリードを
引いてベッドにうつ伏せで両脚を開いて寝かせました。

私は彼女の左側に立って彼女を見下ろすと
乗馬鞭で彼女のお尻をショーツの上から叩きました。

「ご主人様、ありがとうございます、嬉しいです…」
ミィさんが教えられた通りに答える様子を聞いて
私はお尻と陰唇を乗馬鞭で打ち据えました。

乗馬鞭の苦痛を深い呼吸で逃がし、快楽に変換すると
彼女のヴァギナから大量の愛液が溢れ出てきました。
私は彼女の膣内にアタッチメントを装着した電マを挿入し、
肛門にアナルビーズを挿入すると膣内とクリトリスと
アナルを同時に刺激しながら乗馬鞭でお尻を叩き
繰り返しエクスタシーへと導きました。

何度も繰り返し絶頂に達したミィさんはグッタリと崩れ落ち
脱力したままハァハァと激しく呼吸しながら呆然としていました。

私は手早く服を脱ぐとペニスにコンドームを被せました。
そして、脱力したままうつ伏せに寝ているミィさんの
制服のスカートのベルトを掴んで引き上げ、
四つん這いの姿勢を取らせました。
そして、肉茎の先端をミィさんの花芯の入口に宛がうと
既に何度も絶頂に達したことで溢れ出た潤滑油で
私の肉茎を一気に彼女の中へと飲み込んでいきました。

「あああ…」
ミィさんは膣粘膜を押し広げられる感覚を感じ取ると
甘い喘ぎ声を上げました。

私はスカートの腰元を掴んでお尻を突き出させると
更に彼女の奥へと肉槍を突き入れていきました。

「はううっ…おお~…あおお…」
ミィさんは肉茎の先端で最も喜ぶ一番奥のポルチオを
強く摩擦されて歓喜の声を上げました。

「ホラ、なに善がってるんだよ、あん?」
私はそう言って彼女の爛れたお尻を平手打ちしました。
「ひいいっ!」
ミィさんは再び襲ってきた皮膚が裂ける様な痛みで
悲鳴を上げながら全身を緊張で強張らせました。

「ホラ、気持ちよくなりたいなら自分でケツ振れよ…」
私がミィさんに自ら動くように促しながら、再びお尻を
平手打ちしました。

パーンという皮膚の弾ける軽快な音が響くと…
「ひいっ!ごめんなさいっ!」
と涙交じりに彼女は叫んで、自ら身体を前後に動かし
肉茎が抽挿されるように腰を振り始めました。

「ホラ、トロトロせずにもっと激しく動け!」
私が叱りつけるように言いながら再びお尻を叩くと
再びパーンという音が響き、同時に…
「あううっ!ごめんなさい、ご主人様…」
とミィさんは涙声で答えて必死に腰を前後に律動させ
自らの膣粘膜でペニスを擦り続けました。

「ホラ、ただケツ振ってるだけじゃなくて何とか言えよ」
私はそう促しながら彼女のお尻を平手打ちしました。
「ひいっ!オマ○コが気持ちいいですっ!
 ご主人様のオチ○チンが気持ちいいですっ!」
ミィさんは苦痛と快楽を同時に受けながら
歓喜の叫び声を上げて自ら腰を振り続けました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4396-fb02b6e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック