FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ミィさん

※このお話を最初から読むには『制服調教(その1)』まで。

**************************************************

ミィさんの2回目の調教は、彼女の高校時代の制服姿で
行うこととなりました。

当日、私達はホテルに入ると、まずミィさんに
ブラジャーを着けずに制服を着させると
彼女をソファに座る私の目の前の床に正座させました。
そして、両手を後ろに組ませ上半身を綿紐で胸が
強調されるように縛り、首輪を嵌め、チェーンリードを
引いてベッドにうつ伏せで両脚を開いて寝かせました。

私は彼女の左側に立って彼女を見下ろすと
乗馬鞭で彼女のお尻をショーツの上から叩きました。

「ご主人様、ありがとうございます、嬉しいです…」
ミィさんが教えられた通りに答える様子を聞いて
私はお尻と陰唇を乗馬鞭で打ち据えました。

乗馬鞭の苦痛を深い呼吸で逃がし、快楽に変換すると
彼女のヴァギナから大量の愛液が溢れ出てきました。
私は彼女の膣内にアタッチメントを装着した電マを挿入し、
肛門にアナルビーズを挿入すると膣内とクリトリスと
アナルを同時に刺激しながら乗馬鞭でお尻を叩き
繰り返しエクスタシーへと導きました。

そして、ミィさんの腰を引き上げて四つん這いにすると
後背位から彼女のヴァギナにコンドームを被せた
ペニスを押し込んでいきました。

何度も絶頂に達して体力を失いつつあるミィさんは
四つん這いのままハァハァと激しく呼吸しながら
グッタリと脱力していました。

私は彼女の菊門から飛び出して蠢くアナルビーズ
ゆっくりと1玉ずつ抜いていきました。

「あっ!ああっ!ああっ!」
突然襲ってきた括約筋への刺激に驚いた様子で
ミィさんは悲鳴のような声を上げました。

「ケツの穴も好きなんだろうが…」
私は再びアナルビーズを押し込むと、1玉ずつ
ビーズを抜いていくのを繰り返しました。
ビーズが抜けるたびに肛門がキュッと窄まり、
その括約筋の収縮に合わせて膣粘膜も同様に
締まる感覚が肉茎を通じて感じられました。

「フフッ、ケツの穴と一緒にマ○コも締まるぞ…」
私は彼女の羞恥心を煽るように言いながら
何度もアナルビーズを押し込んでは1玉ずつ抜き
アナルへの刺激を続けました。

「あっ!ああっ!ひいっ!あううっ!」
ミィさんは羞恥心と快楽とが入り混じった感覚に
力ない悲鳴を上げ続けました。

私はアナルビーズでの肛門への刺激を続けながら
再び腰を前後に激しく律動させ、彼女の膣粘膜と
奥のポルチオを抽挿運動で責め上げました。

「あっ!いいっ!気持ちいいっ!オマ○コいいっ!」
「ホラ、ケツの穴も締めてみろ!」
「ひいっ!いいっ!アナルも気持ちいいっ!
 オマ○コもアナルも気持ちいいですっ!」
ミィさんは再び半狂乱のようになって叫び声を上げ
アナルとヴァギナの2穴の快感に酔いしれていました。

「フフッ、ケツの穴と一緒にマ○コも締まるぞ…」
「ああっ!ありがとうございます、ご主人様…
 アナルもオマ○コも気持ちいいですっ!ああっ!」
ミィさんはそう言いながらアナルビーズの刺激に合わせ
グイグイと括約筋を締め上げてきました。

「あっ!気持ちいいっ!オマ○コもアナルもいいっ!
 ああっ!逝きそうですっ!また逝きそうですっ!」
「フン、今度はケツの穴を責められて逝くのか、変態!」
「あううっ!はい、逝きます!また逝きそうですっ!
 あううっ!お尻の穴が気持ちよくて逝きそうですっ!」
「じゃあケツの穴で逝けよ、この変態女…」
「あううっ!逝きますっ!おおおっ!逝きますっ!
 あおおっ!アナルで逝きますっ!あおおっ!」
ミィさんはそう言うと、再び全身をガクガクと震わせて
一気に絶頂に昇り詰めて果て、崩れ落ちました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4398-941eb7cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック