FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ミィさん

※このお話を最初から読むには『制服調教(その1)』まで。

**************************************************

ミィさんの2回目の調教は、彼女の高校時代の制服姿で
行うこととなりました。

当日、私達はホテルに入ると、まずミィさんに
ブラジャーを着けずに制服を着させると
彼女をソファに座る私の目の前の床に正座させました。
そして、両手を後ろに組ませ上半身を綿紐で胸が
強調されるように縛り、首輪を嵌め、チェーンリードを
引いてベッドにうつ伏せで両脚を開いて寝かせました。

私は彼女の左側に立って彼女を見下ろすと
乗馬鞭で彼女のお尻をショーツの上から叩きました。

「ご主人様、ありがとうございます、嬉しいです…」
ミィさんが教えられた通りに答える様子を聞いて
私はお尻と陰唇を乗馬鞭で打ち据えました。

乗馬鞭の苦痛を深い呼吸で逃がし、快楽に変換すると
彼女のヴァギナから大量の愛液が溢れ出てきました。
私は彼女の膣内にアタッチメントを装着した電マを挿入し、
肛門にアナルビーズを挿入すると膣内とクリトリスと
アナルを同時に刺激しながら乗馬鞭でお尻を叩き
繰り返しエクスタシーへと導きました。

そして最後に、ミィさんのヴァギナにコンドームを被せた
ペニスを押し込んでいきました。

ミィさんは後ろ手に縛られたまま仰向けの屈曲姿勢で
ヴァギナの一番奥まで肉棒を押し込まれ、彼女の最も
弱いポルチオをグリグリと抉られるとエクスタシーに
繰り返し達しては果てました。

私はそれでも容赦なく肉棒の激しい抽挿運動を続け
ポルチオを激しく刺激し続けました。

「ああっ!気持ちいいっ!オマ○コ気持ちいいっ!
 奥が気持ちいいっ!逝くっ!逝くっ!」
ミィさんは何度も絶頂に達しながら括約筋を締め上げ
私のペニスを圧迫し続けました。

「おお…、よく締まるぞ…私も逝きそうだ…」
私は彼女の膣の痙攣による締め上げの快感で
自分自身の快楽が高まるのを感じていました。

「ううう…はい、逝って下さい…メス犬のオマ○コで
 逝って下さい…あうう…」
ミィさんは呂律の回らない口調でそう言いながら
私の律動に応えるように腰を振り膣を締め上げました。

「おお…いいぞ…逝くぞ…逝くぞ!」
私はそう言いながら自らの腰を更に激しく振り
自らの興奮を頂点に押し上げていきました。

「おおっ!逝くっ!おおっ!」
私は短くそう叫ぶと、彼女の中で興奮を爆発させて
欲望の白濁液を吐き出しました。

「ああっ!ありがとうございます、ご主人様…」
ミィさんは自分の体内に感じる肉棒の微妙な動きで
私が粘液を吐き出しているのを感じた様子でした。

私は素早く肉棒を彼女の中から引き出すと
精液の溜まったコンドームを外しました。
そして、彼女の口元に肉棒を押し当てて…
「ホラ、掃除しろ…」
と命じました。

「ハァハァ…あぁ…ご主人様…ありがとうございます…。
 お掃除させていただきます…失礼します…」
ミィさんはそう言いながら顔を持ち上げて私の肉棒を
ゆっくり口に含みました。
そして舌を丁寧に動かして、彼女自身の愛液と
私の放出した精液とが混ざり合った粘液を
丁寧に舐めとっていきました。

私はその奉仕する様子を見つめながら、
ミィさんのマゾヒスティックに興奮する姿に
強い充足感を得たのでした。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4400-d7579099
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック