FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マオさん

※このお話を最初から読むには『マスク調教(その1)』まで。

**************************************************

3回目の調教の日、私達はいつもの繁華街で待ち合わせ
予約してあるホテルの部屋に入りました。

部屋に入ると私はいつも通りに部屋の奥のソファに座り
持参したキャスターバッグから調教道具を取り出しながら
マオさんを全裸で私の目の前の床に座らせました。

私はマオさんの頭から全頭マスクを被せ、
更に首輪を嵌めてリードを繋ぎました。

その上で私はマオさんに…
「犬になりきれ。今日はお前は犬だから答えは『ワン』だ」
と命じて四つん這いにさせると彼女の口元に
私の右足の足先を突き出して
「舐めろ」と命じました。

「ううう…ワン…ハァハァ…」
マオさんはそう答えて私の足の親指を口に含みました。

「もっと口の中によだれをいっぱい出せ」
私はそう言いながら組んだ右足を押し出して
マオさんの口の中に押し込みました。

「ぐうう…ワン…ハァハァ…」
全頭マスクで鼻呼吸が出来ないマオさんは浅く短い
口呼吸をしながら押し込まれた足を舐め続けていました。
彼女は言われた通りに口の中に唾液を溢れさせて
ネットリとした舌で足指を舐め続けました。

私は乗馬鞭を取り出すとマオさんのお尻を叩き…
「舌を這わせて指の合間を舐めろ」
と命じました。

「ひっ!ふぁい(はい)…ハァハァ…」
マオさんは突然で打たれた衝撃で小さな悲鳴を上げ
言われた通りに舌を伸ばして足の指の合間に差し入れ
ネットリと舐めました。

「ホラ、犬は『はい』じゃねぇだろう…」
私は叱りながら再び乗馬鞭でお尻を叩くと…
「ひっ!ワン!」
と、マオさんは思い出したように答えました。

「間違えたらお仕置きだから覚えておけよ…」
私がそう言いながら『お仕置き』の打ちを与えると
「ひっ!ワン!ワン!」
と、マオさんは今にも泣き出しそうな声で答えました。

「ホラ、お仕置きされたくなければちゃんと舐めろ」
私はそう言いながらお仕置きでもないのに
理不尽に彼女のお尻をピシピシと叩き続けました。

「ひっ!ワン!ひいいっ!ワン!ワン!」
マオさんは叩かれるたびに犬の鳴き声を上げながら
足指を舐め続けました。

「全部の指を丁寧に舐めろよ…」
「ううう…ワン…あうう…ハァハァ…」
マオさんは命じられた通りに舌を差し出して足の指を
一本ずつ丁寧に舐め、指の谷間にも舌を這わせて
蒸れた足指を丁寧に舐めていきました。

鼻呼吸を出来ないマオさんは口呼吸に頼っているので
ダラダラと唾液が垂れるほど苦しくなる様子でした。

「フフフ…嬉しいか…」
「ううう…ワン…ハァハァ…」
マオさんはウットリした様子で足を丁寧に舐めながら
被虐感と屈辱感に喜びを感じていた様子でした。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4410-9e4c51b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。