FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マオさん

※このお話を最初から読むには『マスク調教(その1)』まで。

**************************************************

3回目の調教の日、私達はいつもの繁華街で待ち合わせ
予約してあるホテルの部屋に入りました。

部屋に入ると私はいつも通りに部屋の奥のソファに座り
持参したキャスターバッグから調教道具を取り出しながら
マオさんを全裸で私の目の前の床に座らせました。

私はマオさんの頭から全頭マスクを被せ、
更に首輪を嵌めてリードを繋ぎました。

その上で私はマオさんに…
「犬になりきれ。今日はお前は犬だから答えは『ワン』だ」
と命じました。

そして私が右足の先を突き出して「舐めろ」と命じると
「ううう…ワン…ハァハァ…」
と、マオさんは答えて私の足の親指を口に含みました。
更に、私は彼女に足を舐めさせながら乗馬鞭でお尻を叩き
舐め方の指示を与えながら教え込みました。

続いて私はマオさんに対して床面に置いた私の左足を
這いつくばって舐めるように命じました。
マオさんは私の命令に従って床に顔を寄せて
私の左足を舌を伸ばして指から指の合間まで
丁寧に舐め取っていきました。

私は四つん這いで床に顔を寄せて左足を舐め続ける
マオさんの後頭部を右足で踏み付けました。

「ぐうう…むぐう…」
マオさんは顔を床に押し付けられる感覚で
苦しそうに呻き声を上げました。

「フフン、屈辱的で嬉しいだろう…」
「ううう…うぐう…」
私がグリグリと強く彼女の後頭部を踏み付けると
マオさんは必死にもがき苦しむ様子でした。

「オラ、返事はどうした!」
私は厳しい口調で言いながら再び乗馬鞭を飛ばし
マオさんのお尻を強く打ち据えました。
「ひいいっ!ワン!ワン!」
マオさんは苦しさから絞り出すような声で
叫ぶように答えました。

「ホラ、嬉しいか、この変態メス犬!」
「ぎゃあっ!ワン!ワン!」
マオさんは私に悲鳴混じりの声でそう答えると
苦しみと痛み、恐怖と屈辱が混じり合った様子で
痙攣したように震えていました。

私は右足に力を入れて彼女の頭を横に転がし
顔を横向きにしました。
そして、横顔をグイグイと踏み付けました。

「むぐう…ぐうう…」
マオさんは息も絶え絶えという様子で呻きながら
苦悶と屈辱に耐えている様子でした。

「フフン、屈辱的で嬉しいだろう…」
私はマオさんの屈辱感を更に煽るように
踏み付ける右足に力を込めていきました。

「ううっ!うぐうっ!ぐううっ!」
マオさんは痛みと苦しみで呻き続けながら
私の理不尽な責めに必死に耐えていました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4412-a2edbf65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック