FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マオさん

※このお話を最初から読むには『マスク調教(その1)』まで。

**************************************************

3回目の調教の日、私達はいつもの繁華街で待ち合わせ
予約してあるホテルの部屋に入りました。

部屋に入ると私はいつも通りに部屋の奥のソファに座り
持参したキャスターバッグから調教道具を取り出しながら
マオさんを全裸で私の目の前の床に座らせました。

私はマオさんの頭から全頭マスクを被せ、
更に首輪を嵌めてリードを繋ぎ…
「犬になりきれ。今日はお前は犬だから答えは『ワン』だ」
と命じました。

そして私が両足を「舐めろ」と命じるとマオさんは
「ううう…ワン…ハァハァ…」
答えて私の足を舐めました。
更に、私は彼女に足を舐めさせながら乗馬鞭でお尻を叩き
舐め方の指示を与えながら教え込みました。

私は命じられた通りに床面の左足を這いつくばって
舐めているマオさんの頭を踏み付けました。
マオさんは苦悶と苦痛、屈辱と恐怖で震えながら
必死に耐えている様子でした。

「フン、もっと喜ばせてやるよ、そらっ!」
私はそう言いながら乗馬鞭で彼女のお尻を叩きました。

ビシッという皮膚の弾ける激しい打撃音と共に
「ぎゃっ!」
というマオさんの短い悲鳴が響きました。
そして、マオさんは反射的に身体をくねらせ
痛みから逃れようとしましたが、頭を踏み付けられて
逃げることができずもがいていました。

「フフフ…嬉しいか、オラ…」
私はそう言いながら彼女をいたぶるように
彼女の脇腹やお腹も乗馬鞭でピシピシと打ちました。

「あうっ!あぐっ!おうっ!」
マオさんは頭を踏み付けられて逃げることもできず
必死に身を捩っての打撃から逃れようとしました。

「フン、嬉しいだろうが、あん?」
私は意地悪く嘲笑しながらグリグリと頭を踏み付け
乗馬で背中、脇腹、お尻と叩き続けました。

「ぎゃあっ!ワン!ワン!」
マオさんは悲鳴と嗚咽の混じった声で叫びながら
与えられる強烈な打撃刺激と逃れられない屈辱とに
必死で耐えている様子でした。

私は乗馬鞭で彼女を叩き続けながら屈辱感を与えるように
彼女に蔑みの言葉を掛け続けました。
「フフン、そうか、こんなことされて嬉しいか…」
「あううっ!ワン!あぐっ!ワン!」
「顔を踏み付けられて惨めなのに嬉しいのか?」
「ひいいっ!ワン!あああっ!ワン!ワン!」
「変態メス犬は惨めに苛められると嬉しいのか?」
「あううっ!ワン!ぐううっ!ワン!ワン!」
「そうか、嬉しいならもっとしてやろう…」
「ぎゃあっ!ワン!ワン!ワン!」
私が更に強い力で彼女の全身を鞭で打ち据えながら
顔をグイグイと踏み付けると、マオさんは絶叫しながら
狂ったように逃げ惑うように身体をくねらせました。

彼女がそうして必死に抵抗しても何の役にも立たず
その模様が一層彼女の惨めさを増していました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4413-fdc317ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。