FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マオさん

※このお話を最初から読むには『マスク調教(その1)』まで。

**************************************************

3回目の調教の日、私達はいつもの繁華街で待ち合わせ
予約してあるホテルの部屋に入りました。

部屋に入ると私はいつも通りに部屋の奥のソファに座り
持参したキャスターバッグから調教道具を取り出しながら
マオさんを全裸で私の目の前の床に座らせました。

私はマオさんの頭から全頭マスクを被せ、
更に首輪を嵌めてリードを繋ぎ…
「犬になりきれ。今日はお前は犬だから答えは『ワン』だ」
と命じました。

そして私が両足を「舐めろ」と命じるとマオさんは
「ううう…ワン…ハァハァ…」
答えて私の足を舐めました。
更に、私は彼女に足を舐めさせながら乗馬鞭でお尻を叩き
舐め方の指示を与えながら教え込みました。

私は命じられた通りに床面の左足を這いつくばって
舐めているマオさんの頭を踏み付けました。
マオさんは苦悶と苦痛、屈辱と恐怖で震えながら
必死に耐えている様子でした。

私はマオさんの頭を踏み付けていた右足をどけると
「ホラ、リードだ」
と淡々とした口調で彼女に命じました。

「ううう…」
マオさんは涙交じりの呻き声を漏らしながら
ヨロヨロと四つん這いになると、顔を床に近付け
転がっているリードの取っ手を咥えて持ち上げ
私の差し出した右手に載せました。

「こっちに来い」
私がそう言ってリードを強く引っ張ると、
「あうう…」
と力無い声を漏らしながら引きずられるように
四つん這いのまま私の後からついてきました。

私はベッドに上がるとリードを上から引っ張り
「ベッドに上がれ…」
と命じました。

「あううっ!ううう…」
マオさんは首輪で吊り上げられ息苦しそうに呻き
ヨロヨロとベッドに這い上がりました。

「ホラ、返事はどうした?」
私が冷たく訊きながら乗馬鞭で叩いて促すと…
「あうっ!ワン!」
と、彼女は思い出したように答えました。

「ベッドに上がったらうつ伏せに寝ろ」
「ううう…ワン!」
マオさんはそう答えるとうつ伏せになって
大の字で横たわりました。

私は手早く服を脱いでボクサーパンツ姿になると
背後から彼女にビットギャグを噛ませました。

「あうう…ううう…」
口の自由を奪われたマオさんは不安そうな
呻き声を上げました。

ビットギャグは骨の形をしてるので犬らしいな」
私が嘲り笑いながらそう言うと…
「ううう…あん(わん)…ううう…ハァハァ…」
と言葉も呼吸も苦しそうな様子で彼女は答えました。

「フフン、もっと犬らしい屈辱感を与えてやるから
 喜べよ、変態メス犬!」
私はマオさんのお尻を再び乗馬鞭で叩きました。

「ひいいっ!あん(ワン)!ハァハァ…」
マオさんはこれから行われる屈辱的な調教
不安を感じている様子でそう答えました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4414-2b197d8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック