FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マオさん

※このお話を最初から読むには『マスク調教(その1)』まで。

**************************************************

3回目の調教の日、私達はいつもの繁華街で待ち合わせ
予約してあるホテルの部屋に入りました。

部屋に入ると私はいつも通りに部屋の奥のソファに座り
持参したキャスターバッグから調教道具を取り出しながら
マオさんを全裸で私の目の前の床に座らせました。

私はマオさんの頭から全頭マスクを被せ、
更に首輪を嵌めてリードを繋ぎ…
「犬になりきれ。お前は犬だから答えは『ワン』だ」
と命じました。

そして私が両足を「舐めろ」と命じるとマオさんは
「ううう…ワン…ハァハァ…」
答えて私の足を舐めました。
更に、彼女に足を舐めさせながら乗馬鞭でお尻を叩き
足の舐め方を教え、頭を踏み付けて屈辱感を与えました。

次に私自身も下着姿になると、マオさんを
ベットにうつ伏せにしてビットギャグを噛ませ、
彼女の両手を背中で重ねた上から座り込んで
両手と身体の自由を封じるように抑え込みました。
更に、お尻を平手打ちしながら両足を開かせました。

私は電マを取り出すと振動スイッチを入れて、
既に屈辱と苦痛で興奮して充分に牝蜜の溢れ出た
彼女の秘唇に押し当てました。

「はううっ!」
突然襲ってきた振動刺激の快楽を受けた彼女は
息を飲むように声を上げて身体を仰け反らせました。

私は容赦なくポッテリと肉のついた秘唇を
押し広げるように電マの先端を押し込んで
敏感な粘膜全体に振動刺激を与えました。

「おおうっ!あううっ!」
マオさんはビットギャグで言葉を封じられた状態で
呻き声を上げながら両脚をビクビクと震わせました。

「オラッ!気持ちいいだろうが!」
私が厳しい口調で言いながら再びマオさんのお尻を
平手でバシッと打ち据えました。

「あううっ!あん(ワン)!」
マオさんは再び襲ってきた強烈な打撃の痛みを受けて
脚をピンと仰け反らせて答えました。

「オラッ!ケツ叩かれて嬉しいだろうが!」
私は容赦なくお尻を繰り返し平手打ちしながら
電マでの振動刺激を与え続けました。

「ぎゃっ!あん(ワン)!ぎゃあっ!あん(ワン)!」
マオさんは激しい痛みに悲鳴を上げながら
身体を硬直させて全身を仰け反らせて逃れようと
必死に身を捩りました。
しかし、私が彼女の背中の上に座り込むことで
全体重を掛けて抑え込んでおり、まったく身動きが
できませんでした。
彼女は交互に襲ってくる苦痛と快楽の刺激に
ひたすら耐え続けるしかありませんでした。

その被虐的で屈辱的な行為に更に興奮した様子で
彼女はドクドクと秘孔からメス特有の臭気を放つ
粘液を分泌し続けました。

「フフン、またマ○コから汁が溢れてきたぞ。
 よっぽどケツ叩かれるのが嬉しいらしいな」
私はそう彼女の羞恥心を煽るように言いながら、
粘液が電マに絡まるように動かしました。
振動する電マの先端に粘液が絡み付くと、
ジュブジュブという独特の粘着質な振動音が
部屋中に響き渡りました。

「ホラッ!嬉しいなら何とか言ってみろ!」
私がそう言って再び彼女のお尻を平手打ちすると
「ひいいっ!あん(ワン)!あん(ワン)!」
と泣きながら彼女は必死に答えました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4416-a6bb6f90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。