FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マオさん

※このお話を最初から読むには『マスク調教(その1)』まで。

**************************************************

3回目の調教の日、私達はいつもの繁華街で待ち合わせ
予約してあるホテルの部屋に入りました。

部屋に入ると私はいつも通りに部屋の奥のソファに座り
持参したキャスターバッグから調教道具を取り出しながら
マオさんを全裸で私の目の前の床に座らせました。

私はマオさんの頭から全頭マスクを被せ、
更に首輪を嵌めてリードを繋ぎ…
「犬になりきれ。お前は犬だから答えは『ワン』だ」
と命じました。

そして私が両足を「舐めろ」と命じるとマオさんは
「ううう…ワン…ハァハァ…」
答えて私の足を舐めました。
更に、彼女に足を舐めさせながら乗馬鞭でお尻を叩き
足の舐め方を教え、頭を踏み付けて屈辱感を与えました。

次に私自身も下着姿になると、マオさんを
ベットにうつ伏せにしてビットギャグを噛ませ、
彼女の両手を背中で重ねた上から座り込んで
両手と身体の自由を封じるように抑え込みました。
更に、お尻を平手打ちしながら両足を開かせ、
電マを押し付けて連続でエクスタシーを与えました。

そして、何度もエクスタシーを与えた後に
マオさんを四つん這いにして、後背位から
ゴムを被せたペニスを挿入し連続的に昇天させました。

「あおおっ!おおおっ!はおおっ!ひいいっ!」
マオさんはお尻を平手打ちされながら肉棒で膣奥を
激しく突き上げられながら悲鳴と咆哮を上げて
繰り返し昇天して果てました。

「ホラ、もっと喜べよ!オラ!」
私がそう言いながら何度も彼女もお尻を叩くと
「ひいいっ!あん(ワン)!あん(ワン)!」
と叫びながら緊張と痛みとで括約筋を収縮させました。
その収縮で膣粘膜が私の肉棒を強く締め付けました。

私はその締め付けで自らの興奮が更に高まるのを
感じながら腰を強く律動させました。

「おおっ!いいぞ!逝くぞ!」
私は自分の興奮が爆発寸前まで膨らむのを感じて
更に強く突き上げながらお尻を平手打ちしました。

「ひいいっ!あん(ワン)おおおっ!あん(ワン)」
マオさんは悲鳴と歓喜の叫びを上げながら
お尻を叩かれるたびに強く膣を締め上げました。

「おおおっ!逝くぞ!逝くぞぉっ!」
私はそう叫ぶと彼女の中で興奮を爆発させ
雄の粘液をコンドーム内に吐き出しました。

そして、彼女の膣がビクビクと痙攣する蠢きを
余韻のように楽しんでから、ペニスを抜きました。

そして、私はベッドに仰向けに横たわると
彼女のビットギャグを外しました。
そして、首輪に繋がれたリードを引っ張って
彼女の全頭マスクに包まれた顔を私の股間に寄せて
「ホラ、掃除しろ…」
と命じました。

「ううう…ワン…ハァハァ…」
マオさんはそう言うとうずくまり、口から舌を出して、
私のペニスにネットリと付着した精液と愛液の
複雑な混合液を丁寧に舐め取っていきました。

マオさんは被虐感と屈辱感に強い喜びを感じながら
嬉々として私の肉棒を貪るように舐め続けました。

私は彼女のマゾヒスティックに喜ぶ姿を見ながら
サディスティックな満足感に浸ったのでした。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4423-1df5c48f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。