FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マキさん

※このお話を最初から読むには『オナニー管理(その1)』まで。

**************************************************

マキさんとのメール交換の中で彼女から
オナニーを管理して欲しいという要望がありました。

彼女は毎日オナニーをしているらしく、
管理されて報告をすることで被虐感や従属感を
感じようとしている様子でした。

マキさんは自らオナニーの管理を求めたことから、
彼女のオナニーの報告は詳細で丁寧なものでした。

私は彼女のそのオナニーの報告文章を読んで

> お前のオナニーの報告は丁寧でいいな。
> 他の奴隷たちのいいお手本にもなるだろう。
> 褒めてやるから、今後もそういう丁寧な報告を心掛けなさい。

すると、マキさんからは意外な返信が送られてきました。

> ご主人様、ありがとうございます。
> 褒めていただけてとても嬉しいのですが、
> 私としては褒められるより蔑みの言葉とか
> 羞恥心を煽るような言葉が欲しいです。

私は彼女のその返信に少々驚きました。

> そうか。お前は蔑まれたいのか。
> オナニーも毎日している淫乱でもあるし、
> 蔑まれることにも喜んでいる変態でもあるな。

私はマキさんの羞恥心と被虐心を煽るようなメールを
送り返しました。

> ご主人様、ありがとうございます。
> 私は自分でもオナニーを我慢できない淫乱で
> 毎日オナニーしてしまう変態です。

マキさんは私に言われて自らの興奮を確かめるように
自覚するようなメールを返信してきました。

> さしずめ、お前は私に自分の淫乱ぶりや変態ぶりを
> 知って欲しくて詳しくオナニーを報告してるのだろう。
> 淫乱とか変態とか言われたいからオナニーを管理されて
> 報告したいんだろう。

私がマキさんの真意を確かめるようなメールを送ると

> はい、ご主人様、そうです。
> ご主人様に淫乱とか変態とか言われたいです。
> ご主人様にもっと苛められたいです。

と、マキさんは素直に自分の願望を返してきました。
そして、彼女はストレートに欲求をぶつけてきました。

> ご主人様、オナニーしてもよろしいでしょうか。
> ご主人様のメールを読んでいたらオナニーを
> したくなってしまいました。

私は彼女の素直な返信を読みながら…

> お前は本当に淫乱だな。
> もう少し恥じらったり我慢したりできないのか?
> 普通の女の子は自分からオナニーしたいなんて
> 恥ずかしくて言えないぞ。
> お前は蔑まれて興奮してオナニーしたくなるような
> 変態のドMだな。

と彼女の羞恥心と被虐心を煽り、更に彼女の興奮を
高めるようなメールを送りました。

> ご主人様、申し訳ございません。
> 恥じらいよりもオナニーをしたいという欲求の方が
> どうしても強くて我慢できません。
> ご主人様に淫乱とか変態のドMと言われて
> 自分でも本当にそうだなと思ったら
> もっと興奮してオナニーしたくなってしまいました。
> ご主人様、申し訳ございません。お願いします。
> オナニーの許可をいただけませんでしょうか。

マキさんからは我慢の限界のようなメールが
送られてきました。

> じゃあ仕方ないな。
> お前は羞恥心のカケラもないハシタナイメス犬だな。
> 今日もオナニーしなさい。
> ちゃんとオナニーをしたら報告を入れなさい。

私がマキさんにそう許可のメールを送ると…

> ご主人様、ありがとうございます。
> 羞恥心のないメス犬で申し訳ございません。
> 後ほどオナニーをしたらご報告いたします。

とマキさんは返信してきました。

私はそのメールを読みながら、彼女の興奮のツボが
どこにあるのかを確認できたように感じました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4426-fdcdf8fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック