FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マキさん

※このお話を最初から読むには『オナニー調教(その1)』まで。

**************************************************

その日の調教は事前のメールのやり取りで…
「恥ずかしいコトを言わされたり辱められたりしたい」
という願望をマキさんから受けていました。
私は彼女のその願望を満たす調教をすることとしました。

ホテルに入ると私はいつものように一番奥のソファに座り
マキさんに下着姿になって私の前の床に座るよう命じました。
彼女は命じられた通り、黒地に白い刺繍の入った上下組の
下着姿になって私の目の前に正座しました。

私は彼女に首輪を嵌めると、彼女にショーツの中に手を入れ
中の状況を報告するように命じました。

マキさんは…
「オマ○コから汁がいっぱい出ています…。
 熱くてぬるぬるしたオマ○コの汁がいっぱい出ています」
と答えると、我慢できなくなった様子で腰を小刻みに
振りながら粘膜を指先で慰め始めた様子でした。

「いつもそうやってオナニーしてるんだろう、この淫乱」
私はマキさんを叱る様に言うと…
「あうう…申し訳ございません、ご主人様…
 はい…いつも…こうして…オナニーしています…」
マキさんは申し訳なさそうな恥ずかしそうな、
それでいて嬉しそうな様子で息を荒らげながら
そう答えました。

「フン。で、今日はどんなオナニーしたいんだ?」
「あ…あ…あの…ご主人様に…見ていただいて…
 恥ずかしいことを…言わされたいです…。
 ご主人様に…罵られたいです…ううう…」
マキさんはウットリした表情で潤んだ瞳を私に向け
指を小刻みに動かしながら答えました。

「フフン、じゃあ、オナニーするところを見てやるよ」
「あぁ…ご主人様、ありがとうございます、嬉しいです」
「じゃあ、ベッドの上で仰向けになってショーツを脱げ」
「はい、かしこまりました、ご主人様…」
マキさんは彼女が望んだ通りにオナニーを
私に見せることになると嬉々とした表情を浮かべ、
命じられた通りにベッドに上がってショーツを脱ぎ
仰向けになって横たわりました。

「こっちにマ○コを向けて広げてみろ…」
「はい、かしこまりました、ご主人様…」
マキさんは私の方に秘所を向けてM字開脚すると
両手で大陰唇を左右に引っ張って大きく広げました。

無毛の秘所からはまだ使い込まれていない様子の
赤味がかった粘膜がパックリと口を開き、
その粘膜の合間からトロリと粘液が垂れました。

「フン、相当興奮してるみたいだな。
 マ○コ汁がケツの穴の方まで垂れてるぞ…」
「ううう…はい、オマ○コ汁がいっぱい出ています…」
「何を勝手に妄想して興奮してるんだよ、この淫乱」
「うう…淫乱で申し訳ございません…ううう…」
マキさんは恥ずかしい部分を晒け出され
恥ずかしい姿を見られることで、更に羞恥心を煽られ
興奮を高めている様子でした。

「じゃあ、オナニーしてみろ…」
「ううう…、はい、かしこまりました、ご主人様…」
マキさんは私に命じられると、恐る恐る自分の指で
溢れ出た粘液をすくって絡めながら肉蕾をゆっくりと
丁寧に刺激し始めました。

「あぁ…はぁ…ああぁ…はあぁ…あうう…」
マキさんは悩ましい声を上げながら、指の腹で
肉蕾をゆっくり転がしながら快楽を堪能している
様子でした。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4434-ff7e387c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック