FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マオさん

※このお話を最初から読むには『山陽旅行(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『山陽旅行(特典画像)』まで。

**************************************************

ホテルの部屋でマオさんに全裸になって
ベッドの上で四つん這いになるよう命じました。
そして、彼女の突き出されたお尻を広げ、
アナルと指にワセリンを塗り、ゆっくりと
押し込んで拡張していきました。

「ああっ!はあっ!はううっ!」
マオさんは未通孔を指で押し広げられる
異物感と苦痛に呻き声を上げながら
括約筋を締めて指を押し出そうとしました。

「ホラ、力を抜くんだよ…」
私がそう言いながらマオさんのお尻を平手で
ピシャリと叩くと…
「あううっ!ごめんなさい…ううう…」
と彼女は叩かれた衝撃で背中を仰け反らせて
括約筋を弛緩させるように脱力しました。

「力を入れるともっと痛くなるからな」
「ううう…はい、わかりました…ううう…」
私に言われてマオさんは異物の蠢く感覚に
必死に耐えている様子でした。

私は次にアナルプラグを取り出すと、指と同様に
タップリとワセリンを塗り込めました。
そして、指を抜き口を開いたままの菊花の中心に
プラグを宛がって押し込んでいきました。

「あっ!ああっ!はああっ!」
マオさんは押し込まれてくるシリコンによって
メリメリと未通孔が押し広げられる感覚に
悲鳴を上げて括約筋を締め付けて抵抗しました。

「ホラ、ケツの力を抜くんだよ!」
私に再び言われてお尻を平手打ちされると
「ひいっ!ごめんなさい…ううう…」
と彼女は答えて再び身体の力を抜きました。

「力を入れると余計に痛いぞ」
「ううう…はい、わかりました…ううう…」
マオさんは涙交じりの声でそう答えると
身体の力を抜いて括約筋を弛緩させました。

私は彼女が脱力するのを確認すると
再びプラグをゆっくり押し込んでいきました。

「はああ…おおお…あおお…ううう…」
マオさんは未通孔を押し広げられる圧迫感と
羞恥心と恥辱感に呻きながらも
力を入れないように受け入れていきました。

そして、最終的にスッポリとアナルプラグ
飲み込みました。

「フフフ…ホラ、入ったぞ…」
私がそう言いながらプラグを回転させると
「ううう…はい、わかります…ううう…」
と彼女は痛みよりも羞恥心に耐えられない様子で
顔をシーツに伏せて答えました。

「フフン、ケツでも感じるんだろうが…」
私は意地悪くそう言いながらプラグを引っ張り
アナルを広げるように出し入れしました。

「ひっ!あうっ!まだよくわかりません…」
マオさんは困惑した様子でしたが、
明らかに痛みは感じていない様子でした。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4534-beb4c31c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック