FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マオさん

※このお話を最初から読むには『山陽旅行(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『山陽旅行(特典画像)』まで。

**************************************************

マオさんを全裸にしてベッドの上に四つん這いにし、
アナルにプラグを押し込んだ上に、更に中指でポルチオ
人差し指でGスポット、親指でクリトリスを刺激して
彼女をアクメに追い込みました。

快楽の頂点に逝き果てた彼女はグッタリと上半身を伏せ
脱力したままハァハァと荒く呼吸していました。

私は彼女の背後から腰骨を掴んで引き寄せると
コンドームを被せたペニスを後背位から
強く押し込んでいきました。

「あううっ!」
マオさんは膣を押し広げられる感覚と摩擦の感触、
プラグを押し込まれた直腸粘膜の圧迫感を感じて
苦悶の呻き声を上げました。

「ホラッ、今度はケツを締めるんだよ!」
私がマオさんにそう命じながらお尻を平手打ちすると
「ひいっ!ごめんなさい、ご主人様!」
と彼女は泣き声を上げて答え、肛門括約筋を
命じられた通りにキュッと締め付けました。

「ボケッとするなよ!」
私はそう命じながらスパンキングを続けると…
「あうっ!ご主人様、ごめんなさい!ごめんなさい!」
と彼女は泣きながら必死に謝罪し続け、
命じられた通りにアナルを強くすぼめました。
その菊門が私の眼下でプラグを締め付けるように
蠢いているのが見えました。

私はその様子を見つめながら、容赦なく腰を
激しく律動させて彼女の膣奥を突き上げました。

「ああっ!ひいいっ!いいっ!気持ちいいっ!」
マオさんは悲鳴のような歓喜の叫びを上げながら
背中を仰け反らせて更にお尻を突き出し、
体内の奥の快楽を得られる部位まで肉棒を
迎え入れようとしていました。

「オラ、気持ちいいか、あん?」
私がマオさんのお尻を平手打ちしながら訊ねると
「ひっ!気持ちいいです!気持ちいいです!」
と素直な歓喜の声で彼女は答えました。

「フン、ケツもマ○コも気持ちいいんだろうが」
「あうっ!気持ちいいです!オマ○コもお尻も
 気持ちいいです!ああっ!」
「ケツ叩かれながらマ○コとケツ掘られて嬉しいか」
「ああっ!嬉しいです!お尻を叩かれて嬉しいです!
 オマ○コもお尻をアナルも気持ちいいです!
 もっと叩いて下さい!もっと強く叩いて下さい!」
「ケツ叩かれたいのか、この変態マゾ女!」
「ああっ!叩かれたいです!叩かれて嬉しいです!」
マオさんは半狂乱の様子で答えながら
更なる強い刺激を求めている様子でした。

「ホラ、じゃあもっと喜べよ!」
私はそう言いながら更に強くマオさんのお尻を叩くと
「ひいいっ!逝くっ!逝くうっ!」
と、彼女は絶叫しながら全身を強く痙攣させて
スパンキングの刺激でエクスタシーに達しました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4536-e8e1921d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック