FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マオさん

※このお話を最初から読むには『山陽旅行(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『山陽旅行(特典画像)』まで。

**************************************************

マオさんはアナルにプラグを押し込まれたまま
後背位からペニスで膣奥を突き上げられ
同時にお尻を平手でスパンキングされながら
エクスタシーに達して果てました。

彼女はハァハァと激しく呼吸しながら
顔をシーツに伏せたまま脱力していました。

私はマオさんのお尻を再び平手で叩くと
「ホラ、まだ終わりじゃねぇんだよ」
と叱りつけ意識を取り戻させました。

「ううっ…ごめんなさい、ご主人様…」
マオさんは脱力した声で答えながら
叩かれたお尻を再び突き出しました。

私は彼女のアナルから出ているプラグのリングを
摘まむとグリグリと回転運動させ、直腸粘膜が
圧迫される刺激を彼女に与えました。

「ひいいっ」
マオさんは肛門内で蠢くシリコンの感触と
膣内を押し広げる肉棒の圧迫感で
悲鳴を上げました。

「ホラ、ケツの穴も気持ちいいんだろうが」
私が更にプラグを出し入れしながら訊ねると
「あううっ、気持ちいいです、ご主人様…」
と彼女はハッキリとした口調で答えました。

「フン、じゃあマ○コも気持ちよくしてやるよ」
私はプラグの出し入れと合わせるように
腰を前後律動させて肉茎で膣奥を
強く突き上げました。

「ああっ!気持ちいいっ!オマ○コいいっ!
 お尻も気持ちいいっ!ああっ!」
マオさんは半狂乱になったような声を上げ
二穴を同時に拡張される圧迫感に悶えていました。

「ホラ、マ○コもケツも気持ちいいだろうが…」
「ああっ!はい、気持ちいいです、ご主人様!
 オマ○コもお尻も気持ちいいです!」
「フン、お前はケツの穴でも感じる変態だな」
「ああっ!はい、お尻で感じる私は変態です!
 お尻の穴も気持ちいいです!」
マオさんは自分で自分を貶める言葉を言い
その言葉に酔うように興奮を高めていきました。

「そうか、じゃあもっと気持ちよくなれよ」
私がそう言って更に肉棒とプラグの出し入れを
激しくしていくと…
「ああっ!もうダメですっ!逝きますっ!」
とマオさんは耐えきれなくなった様子で
全身をビクビクと震わせながら仰け反りました。

「よし、じゃあマ○コとケツで逝け」
私が更に強く膣奥を突き上げると
「ああっ!逝くっ!逝くうっ!」
と彼女は叫びながら全身を激しく痙攣させて
一気に絶頂に達して果てました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4537-4e63b367
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック