FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マオさん

※このお話を最初から読むには『山陽旅行(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『山陽旅行(特典画像)』まで。

**************************************************

マオさんはアナルにプラグを出し入れされつつ
後背位からペニスで膣奥を突き上げられ
同時にお尻を平手でスパンキングされながら
エクスタシーに達して果てました。

アナルプラグによる直腸の圧迫刺激で
彼女の括約筋はキュウッと締め付けられ
その締め付けが膣内のペニスに伝わりました。

「おお…いいぞ…もっと絞めろ…」
私がそう言いながら逝き果てて茫然自失の
彼女のお尻を叩いて促すと…
「はううっ!…ううう…」
と彼女は呻きながら下半身に力を入れて
膣を締め付けました。

私はその締め付けの感触を感じながら
再び腰を律動させて膣奥を突き上げました。

「あふうっ!いいっ!気持ちいいっ!
 あううっ!オマ○コ気持ちいいっ!」
マオさんは身体の芯を激しく突き上げられて
快楽を感じながら歓喜の声を上げました。

「ホラ、もっとマ○コ絞めるんだよ!」
私がそう言ってお尻を平手打ちして促しながら
彼女の膣奥を突き上げ続けると…
「あううっ!ごめんなさい、ごめんなさい」
と彼女は喘ぎながら謝罪して、再び下半身に
力を入れて括約筋を締め付けました。

「おお…そうだ。もっと締めろ…」
私が命じながら再びお尻を平手打ちすると
「ひっ!ごめんなさい、ごめんなさい…」
と答えながら、叩かれた痛みと恐怖とで
身体を硬直させ膣を締め付けました。

私は肉茎への圧迫感を強く感じると
自分自身の興奮が頂点に近付くのを感じました。

「おお…いいぞ…逝きそうだ…」
「ううう…逝って下さい…ご主人様…ううう…。
 メス犬のオマ○コを使って逝って下さい…」
「おう…いいぞ…メス犬のマ○コよく締まるぞ…」
「あうう…ありがとうございます…ううう…。
 私も…また逝きそうです…逝かせて下さい…」
「おう…逝けよ…逝っていいぞ…」
「ううう…逝きますっ!ああっ!逝きますうっ!」
マオさんは再び絶叫しながら全身を痙攣させ
ビクビクと震えながら仰け反りオルガスムスに
達しました。

彼女の絶頂時の痙攣と共に括約筋がギュウッと
窄まるのを肉茎が感じると、私自身の興奮も
頂点に達しました。

「おおっ!逝くぞっ!おおっ!」
私はそう叫びながら彼女の体内で欲望を爆発させ
白濁液を吐き出して果てました。

私はマオさんから離れてベッドに仰向けになると
彼女はヨロヨロと起き上がって股間に顔を寄せ
「ハァハァ…ご主人様…お掃除させていただきます…
 ハァハァ…失礼します…ハァハァ…」
と息を荒らげながら精液の溜まったコンドームを外し
精液と愛液の混じり合った粘液を舌で丁寧に
舐め取っていきました。

私は彼女のその奉仕する姿を見ながら
サディスティックな満足感に浸っていました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/06/25(月) 22:05 | | #[ 編集]
ほのかさんへ
コメントありがとうございます。

向上心がある女性は魅力的だと思いますし、
ポジティブな気持ちを持っていてもらえると
私も幸せで元気な気持ちをもらえるように感じます。
ですので、飼っている女性には
極力ポジティブな気持ちを持たせるように
教え諭しています。

一度SMを覚えた体は反応がいいと思います。
そういう感じやすい身体の女性は魅力的ですし
私も積極的に快楽責めをして
感度の良い魅力的な身体になってもらえるように
女性を調教したいと考えています。

またお気軽にコメント下さいね。
2018/06/28(木) 06:20 | URL | #4yLSmPWY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4538-16c4e2ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック