FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マキさん

※このお話を最初から読むには『パドルスパンキング(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『パドルスパンキング(特典画像)』まで。

**************************************************

ホテルの部屋に入ると私はいつものように
部屋の一番奥のソファに座りました。
そして、彼女に私の目の前の床に座らせると
四つん這いにして私に向かってお尻を突き出すよう
命令しました。

彼女はアナルにプラグがを入れノーパンで来るという
露出で羞恥心と背徳感とスリルを感じながら
興奮して大量の愛液を溢れてださせていました。
その愛液はベットリとスカートの裏地に付着し
大きな染みを作っていました。

「フフン、相当興奮しているようだな。
 マ○コ汁でベトベトになってるぞ…」
私はそう言いながら指に彼女の愛液を絡め
大量の愛液で濡れた彼女の秘唇を指で
撫でるように刺激しました。

「あっ…はうう…あうう…」
マキさんは私の指の動きに反応するように
身体をビクッと震わせながら甘く喘ぎました。
その動きに合わせるように括約筋が収縮し
アナルプラグがが蠢いていました。


「フフン、ノーパンで来たから興奮してたんだろう」
私はそう言いながら秘唇を開くと、その口からは
粘度の高い液体が糸を引いて垂れ下がりました。

私は秘唇の奥にある充血して膨らんだ肉芽を
指で転がすように刺激しました。

「ひっ!あううっ!」
マキさんは最も敏感な部分への直接刺激を受けて
驚きと喜びの声を上げました。

「ホラ、何とか言ってみろよ…」
「はうう…気持ちいい。オマ○コ気持ちいいです」
「来るまでにこんなにマ○コ汁垂らしやがって…
 プラグが入れてノーパンで興奮してたんだろう」
「ううう…興奮していました…ううう…」
「フフン、お前はケツの穴も露出も好きな変態だな」
「ううう…私は…お尻の穴も露出も好きな変態です…」
マキは羞恥と快楽とで震え消え入りそうな声で
そう答えました。

「ケツの穴が好きな変態ならもっと喜べよ…」
私はそう言うとプラグがの輪に指を掛けて
アナルを拡張するように引っ張りました。

「あっ、あっ、あああっ!」
マキさんは菊花を押し広げられる感覚に
悲鳴混じりの声を上げながら身体をブルブルと
震わせました。

「ホラ、ケツの力を抜けよ」
私がそう言って彼女のお尻を平手打ちすると…
「ひっ!ごめんなさい、ご主人様…」
と答えて彼女は括約筋を弛緩させました。

「フン、力を入れると余計に痛いぞ…」
私はそう言いながら引き抜いたプラグがを
再び菊座に押し込んでいきました。

「はああ…あうう…はうう…」
マキさんはプラグがを押し込まれる直腸粘膜の
圧迫感を感じながら呻き声を上げました。

「フフン、ケツの穴も気持ちいいんだろうが…」
私はそう言いながらプラグがをグリグリと回し
直腸粘膜に摩擦刺激を与えました。
「あうう…気持ちいいです…お尻も感じます…」
マキさんは与えられる刺激を甘受しながら
素直に快楽を表現しました。

「フフン、ケツの穴でも感じなんて本当に変態だな。
 ホラ、マ○コとケツでもっと喜べ…」
私はプラグを出し入れするように動かしながら
再び指先に愛液を絡めて肉芽を刺激しました。

「ああっ、いいっ、気持ちいいっ!ああっ!
 クリとアナルが気持ちいいです。あああっ!
 私はお尻の穴でも感じる変態です…ううう…」
マキさんは与えられる秘部の敏感な部分への
強い刺激で歓喜の声を上げて悶えました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4545-16419319
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック